人気ブログランキング |
cbastyle.exblog.jp
安芸区スタイルブログ 安芸区+海田町・坂町・熊野町
2007年 05月 26日
阿戸の過疎化な部分と、利便性向上の部分/執筆者の思い出
b0095061_1355516.jpg
昨年の広島電鉄バス阿戸線の再編で、阿戸発の広島バスセンター行きは廃止。熊野営業所止まりとなってしまいました。広島直通便がなくなったことで、熊野で乗り換えるか、芸陽バスの一貫田経由、広島行きに乗るかのどちらかの選択を強いられています。阿戸バス停の時刻表を見てわかるように、1時間1本未満と、広電バスも減便に。

b0095061_1356699.jpg
以前、ここに海田警察署阿戸駐在所がありましたが、現在、統廃合され、熊野交番の管轄に

b0095061_13581678.jpg
いっぽう、国草地区には、老人介護施設「くにくさ苑」と、阿戸で唯一の医療施設・「診療所あとクリニック」が開設され、無医療地区ではなくなりました

b0095061_1358372.jpg
阿戸の中心部には、阿戸公民館と阿戸児童館が新たに建設され、阿戸地区の地域住民の方に親しまれています。館内は公民館としては広く、図書館のような図書スペースがロビーの横に作られています
b0095061_1434994.jpg


執筆している私は、小学生のころ、1年間だけ、この街に住んでいました。
阿戸小学校は、当時も1学年1クラスしかなく、めずらしい転校生ということで、あまりクラスメートとなじめなかった思い出があります。念仏の森へ遠足へ行ったり、熊野川で釣りしたり。当時は、阿戸町内にも、個人の商店がいくつもあって、よく駄菓子を買ったりしていました。

買い物はいつも、熊野萩原のAコープか、出来庭のひろでん。海田のニチイへ行くときは、よそ行きの服を着て、バスか車に乗ってでかけたものです

専立寺の前のお宅が建てられている際、棟上のときの餅まきの思い出もありますねー
自転車で阿戸の町内を走り回るのが大好きだった少年でした。
1年で、父の転勤により、海田町へ引越しましたが・・・

by cobalt_01 | 2007-05-26 09:04 | 公共施設
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ


<< 阿戸に「小野ヤスシ」発見?!阿...      阿戸・町境の大榎は樹齢300年以上 >>