人気ブログランキング |
cbastyle.exblog.jp
安芸区スタイルブログ 安芸区+海田町・坂町・熊野町
2013年 06月 11日
中国JRバス海田車庫(2003)
b0095061_1065816.jpg
b0095061_1075818.jpg

中国JRバス海田車庫。2003年撮影。安芸区安芸郡エリアのバス路線は、いまは、広電バスと芸陽バスが路線を張り巡らせており、また、海田町や坂町は、町独自で循環バスを走らせています。
しかし、以前は、安芸区・安芸郡エリアの沿岸部の主要バス路線といえば、JR(国鉄)バスでした。
JR呉線と並行するように、JRバスが走っていて、海田車庫からたくさんのバスが出発していました。広島バスセンター発の海田車庫行き、海田新開行き、鯛尾行きなどなど。一時期は、雲芸南線がここまで乗り入れる便もありました。さかのぼれば、広島~呉のバス路線もあったわけです。
海田車庫は、現在の安芸区民文化センター・図書館・福祉センターと、コープ船越、ローソン、JRバスのテナントビル(丸亀製麺・眼鏡市場)のある敷地にありました。JR民営化後、バス路線の再編から、どんどん撤退してしまいます。2003年ころも、海田新開行きなどは本数が削減されていました。
写真を見ると、すでに現在のJRテナントビルは建設されていて、(ビル2階がJRバスの事務所)古本市場やローソンは営業していました。安芸区民文化センター・福祉センター・図書館も、2001年に開館されていました。ただ、その奥、現在のコープ船越のある場所は、まだ車庫として機能していました。
その後、JRバスはこのエリアから撤退し、路線は芸陽バスが引き継いだものの、JR時代の路線は大幅に縮小されて今に至ります。海田新開行き路線は、現在は廃止。坂方面も、フジグラン安芸・済生会病院行きが残るのみで、鯛尾行きは廃止されています。

船越、矢野、海田、坂に、このJRの青い車体のバスがたくさん走っていた時代が懐かしい。

by cobalt_01 | 2013-06-11 02:05 | 公共施設
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ


<< JA安芸Aコープ中野店旧店舗(...      矢野へちま通り(2003) >>