「ほっ」と。キャンペーン
cbastyle.exblog.jp
安芸区スタイルブログ 安芸区+海田町・坂町・熊野町
タグ:海田 ( 731 ) タグの人気記事

☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ
2017年 01月 25日
ホンダカーズ広島東・海田店と仁保店が、南区堀越に移転統合


b0095061_10410046.jpg

ホンダカーズ広島東・海田店(海田町堀川町)と、ホンダカーズ広島東・仁保店が、この春(2017年3月予定)新たに新築される南区堀越の新店舗に統合移転されます。写真は南区堀越2丁目8番交差点そばの、新店舗。以前は日新電装があった場所です。
b0095061_11083989.jpg

ホンダカーズ広島東・海田店。春には堀越の新店舗に移転される。






[PR]

by cobalt_01 | 2017-01-25 05:40 | 買う | Comments(1)
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ
2016年 06月 04日
ユアーズ海田店跡の建物の現在は・・・
a0225156_2137730.jpg
a0225156_21371449.jpg
a0225156_21371847.jpg

現在、ユアーズ熊野店だった建物は取り壊し工事が進んでいます
そして、同じ2年前の3月で閉店した、ユアーズ海田店の建物も、ちょっとだけ動きが・・・

写真でもわかるように、つい最近、玄関前に臨時の駐車場が作られています。
左となりの広島県信用組合海田支店の臨時駐車場として、わずか3台分。
ラインが引かれ、ユアーズ海田店の玄関ドア前には、車止めの鉄製パイプが設置されました。

そして、ユアーズ海田店の建物の右となりも、なにやら測量をされていたり、鉄パイプの防護が置かれています。ここには、広島県信用組合海田支店の新店舗が建設されます。その敷地の右隣りにある現店舗は、新店舗開店後に取り壊され、お客様駐車場になります

ちなみに、西京銀行海田支店も、大正町から、この窪町に移転しますので、この付近は海田の金融街にますますなりますね

もともと、広電の所有だったユアーズ熊野店は、取り壊され、
ユアーズの創業地でもある、1号店のときの建物でもある、ユアーズ海田店はそのまま残され、わずかに駐車場として再利用される。

なんだか複雑な心境です。
[PR]

by cobalt_01 | 2016-06-04 00:38 | 買う | Comments(22)
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ
2016年 05月 26日
エトワール本社工場取り壊し始まる
b0095061_22222025.jpg
b0095061_22222517.jpg
海田町栄町にある、洋菓子のエトワール本社工場・栄町店ビルの取り壊しがはじまりました。
昨年7月に廃業し、全店舗を閉店したのですが、このビルはテナント募集になっていましたが、入居する企業が現れなかったのでしょう。跡地は、隣接するウォンツ海田栄町店の第3駐車場になります
[PR]

by cobalt_01 | 2016-05-26 22:16 | 買う | Comments(2)
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ
2016年 05月 14日
海田町南つくも町の町営住宅の橋の跡
b0095061_853270.jpg
海田町南つくも町にある、海田西小学校(開校当時は西海田小学校)。昭和40年代後半、人口増に対応して新規開校した。(自衛隊官舎や公務員住宅などが建設されたため、子供の数が増え、海田小学校(当時は海田市小学校)から分離された。
b0095061_911761.jpg
この海田西小学校正門と県道との間に小さな水路があり、よく見ると、橋の跡と使われていない橋が残っている。
b0095061_8532184.jpg
b0095061_8532632.jpg
写真は、県道とプールの間にのこる、橋の跡。1964年の航空写真の1の場所
b0095061_8533472.jpg
写真は正門の西側に並行して作られている橋。1964年航空写真の2の場所。

かつて、昭和30年代に、海田町に払い下げられ、町営住宅が建てられた。
入り組んだ細い路地のある場所だったが、昭和49年、この一帯は取り壊され、西海田小学校が作られた。
路地から、県道を結ぶ橋は、小学校建設の役目を終えた。2の橋は、県道の工事で、こちらに仮の正門が設けられたこともある。
どちらも、かつての町営住宅のあった住宅街の生活道の名残。
b0095061_917648.jpg
海田西小学校。昭和40年代まで、ここに街が存在した。
ちなみに、開校した1年間は、写真左半分は、まだ町営住宅がのこっていた。
校舎とグランド右半分のみの供用。
グランド左半分と、プール、体育館は、1年後の昭和50年に供用開始された。
校舎は、昨年までの耐震化工事に伴い、各階の外側のベランダがなくなった。
[PR]

by cobalt_01 | 2016-05-14 06:51 | 街歩き | Comments(1)
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ
2016年 05月 13日
海田市駅~陸軍被服支廠海田市倉庫の引き込み線跡を歩く その5
海田市駅~陸軍被服支廠海田市倉庫の引き込み線跡を歩く。
最後は、尾崎川の堀川1号橋橋梁跡(かつての引き込み線橋梁)から、海田町立つくも保育所~自衛隊まで。

b0095061_965974.jpg
b0095061_971387.jpg
b0095061_972072.jpg
b0095061_92314100.jpg
現在のつくも保育所の敷地の位置へ向け引き込み線はなだらかにカーブしていく


b0095061_981022.jpg
b0095061_9815100.jpg

b0095061_982321.jpg

b0095061_9151523.jpg
つくも保育所の地点から、海田西小学校の敷地の一部分を通過し、南つくも町の町道へ入っていく。この町道の海田西小学校側に、すこしだけ車幅が広がった部分がある。歩道もかぎ型のいびつな形をしている。ちょうどその部分が引き込み線の跡の名残だと思われる。カーブした引き込み線がここで現在の町道の位置につながる。そのカーブにそって、歩道がこういう形になっていると思われる。

b0095061_910656.jpg
b0095061_9101744.jpg
b0095061_9102597.jpg
b0095061_9103019.jpg
南明神町1交差点。エディオン海田店の敷地と海田西小学校のグランドの間の町道と、県道276号線が交差する三叉路。町道の部分が、かつての引き込み線。その引き込み線は、そのまま現在の交差点(三叉路)を突き抜けて陸上自衛隊十三旅団へ延びていく。
[PR]

by cobalt_01 | 2016-05-13 05:03 | 街歩き | Comments(0)
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ
2016年 05月 11日
海田市駅~陸軍被服支廠海田市倉庫の引き込み線跡を歩く その4
海田市駅~陸軍被服支廠海田市倉庫の引き込み線跡。大正町の線路跡の路地から、県道を渡って、広い町道へ。ここから南大正町交差点(国道2号線バイパス)を交差して、尾崎川にかかる引き込み線橋梁(堀川1号橋橋りょう)跡まで歩きます。
b0095061_9233375.jpg
前記事で紹介した、大正町の線路跡路地。ここから手前へ進んでいきます。
b0095061_9243284.jpg
b0095061_9243616.jpg
重本印刷前。堀川町に入ります。ここから線路跡は、広い道路に変わります。
b0095061_9522558.jpg
b0095061_9523446.jpg
山本形成外科医院前。海田町循環バスの堀川町バス停も見える
b0095061_9523960.jpg
b0095061_9524691.jpg
南大正町交差点。国道2号線バイパスを交差します。かつては、このあたりから先は、昭和30年代まで海田ブドウの畑が広がっていました。平安祭典のある建物の場所は、以前、マツダオート広島の海田営業所がありました。そのマツダオートの営業所が建設されたころの写真では、営業所の建物のすぐ裏手にブドウ畑が広がっている

b0095061_9551333.jpg
バイパスの高架橋の下をくぐり南堀川町へ。この道路、引き込み線のあった時代も、両サイドは窪地になっていて畑が広がっていた。現在も写真左側は、道路より低くなっていて名残が残っている
b0095061_9554058.jpg
南堀川町から、尾崎川を越え、南つくも町へ。町道はここでつくも町方面にカーブする。引き込み線跡は左に分かれる。
b0095061_9562149.jpg
尾崎川にかかる引き込み線橋梁(堀川1号橋橋りょう)跡。昨年まで現存していた
b0095061_9564975.jpg
b0095061_10165224.jpg
この先はカーブして、現在の海田町つくも保育所の方向に線路は続いていく
b0095061_10352614.jpg

堀川町橋梁があった時代の写真
この先は、次の記事で

b0095061_9574626.jpg
b0095061_9575151.jpg
b0095061_958075.jpg
b0095061_1017965.jpg
尾崎川にかかっていた引き込み線橋梁から、きょう歩いた区間(海田市駅方面)を望む。ほぼ直線に線路が敷かれていたことがわかる。
[PR]

by cobalt_01 | 2016-05-11 06:18 | 街歩き | Comments(0)
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ
2016年 05月 10日
海田市駅~陸軍被服支廠海田市倉庫の引き込み線跡を歩く その3
b0095061_11311213.jpg
ひまわり大橋東詰から、すぐに大正町の細い路地(中国電力海田変電所と西京銀行海田支店に挟まれた路地)へと入っていく。この路地が、海田市駅~陸軍被服支廠海田市倉庫の引き込み線の線路跡。現在は歩行者・自転車専用道になっています。
b0095061_11472256.jpg
丸で囲んだ部分が、今回の路地・線路跡です。
b0095061_11323413.jpg
b0095061_11342877.jpg
このような形で線路が延びていた。当時は両方が窪地になっていた。

b0095061_1135279.jpg
b0095061_11444084.jpg
大正町の海田変電所沿いの短い路地。まさに、引き込み線跡がそのまま残っている。
b0095061_11364923.jpg
左側(海田変電所側)は当時のまま窪地になっている。



b0095061_11365673.jpg
現在も写真左側が窪地になっていて当時のままである。
b0095061_11375719.jpg


b0095061_11382398.jpg
b0095061_11382939.jpg
県道側から、ひまわり大橋・海田市駅方面を望む。この路地のちょうど真ん中を線路が走っていたことになる

b0095061_1139930.jpg
b0095061_11392195.jpg
路地の東端。ここで県道164号線にななめに交差する。そしてその先、堀川町の町道へ。山本整形外科病院前を抜けて、南大正町交差点へ。
b0095061_11441048.jpg

[PR]

by cobalt_01 | 2016-05-10 06:28 | 街歩き | Comments(2)
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ
2016年 05月 10日
海田市駅~陸軍被服支廠海田市倉庫の引き込み線跡を歩く その2
b0095061_9322619.jpg
海田市駅南口から、引き込み線線路跡は、JA安芸会館前へ。ここからひまわり大橋
b0095061_9323650.jpg
海田市駅~陸軍被服支廠海田市倉庫の引き込み線は、ここから鉄橋へ。当時の引き込み線鉄橋は、平成4年まで現存、海田第一中央歩道橋として使われていた。

平成4年から、ひまわり大橋の建設のため、取り壊された。
ひまわり大橋は、平成5年8月5日に開通式。かつて、海田が鼓浦とよばれていたことから鼓をかたどった、75.6メートル、幅員13~40メートルの橋が作られた。
b0095061_943670.jpg
北側に方位板、
b0095061_94146100.jpg
南側にカリオンモニュメント。当時は、朝・昼・夕とメロディーを奏でていた。
b0095061_941225.jpg
親柱にはカモメのモニュメント。照明塔と親柱、高欄は波をイメージ。
b0095061_943251.jpg
ひまわり大橋から、明神橋を望む
b0095061_9575863.jpg
JA安芸会館ビル前のひまわり大橋北詰交差点にて。
b0095061_9515088.jpg
ひまわり大橋中央から、海田市駅方面へ。旧引き込み線鉄橋であった第一中央歩道橋が取り壊されるときには、すでに現在のJA安芸会館ビルは建設されていた。
b0095061_9515578.jpg
b0095061_952050.jpg
b0095061_952596.jpg
ひまわり大橋を進むと、大正町の路地に通じる。この細い路地が引き込み線線路跡です。
[PR]

by cobalt_01 | 2016-05-10 05:31 | 街歩き | Comments(1)
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ
2016年 05月 09日
海田市駅~陸軍被服支廠海田市倉庫の引き込み線跡を歩く その1
昭和30年前半まで、海田市駅から陸軍被服支廠海田市倉庫(現在の陸上自衛隊第十三旅団)へ延びる引き込み線・つまり線路がありました。
その線路跡を歩いてみましょう。


昭和11年に明神新開を陸軍が軍用地として買収され軍の施設が次々建設されました。
その陸軍の基地までの物資等を運ぶ軍事線路=引込み線として建設されました。
大戦後、陸軍の敷地は半分以上が民間に払い下げられ、昭和30年以降、広島ガスをはじめとする工場や県営住宅、海田高校などに変わっていきました。線路も取り除かれ、道路へと転用されました


b0095061_11162473.jpg

昭和27年(1950年)の国土地理院地図と、最近の国土地理院地図を重ねてみます。引き込み線跡が、現在どこのどこを通っていたのかがわかります。

では、JR海田市駅から出発してみましょう

b0095061_11445926.jpg
b0095061_1145599.jpg
b0095061_11462913.jpg
海田町窪町のJR海田市駅南口西側。この地点あたりから、JR(国鉄)の線路から分岐して引き込み線が南に伸びていく。
b0095061_11461085.jpg
b0095061_11462022.jpg
駅前のビルの前やロータリーを抜けていく
b0095061_1147030.jpg
ロータリーからひまわり大橋へ向かう町道。

b0095061_11474213.jpg
b0095061_11534027.jpg
b0095061_11551686.jpg
JR海田市駅の自由通路から、海田市駅南口を望む。JR海田市保線区や千葉倉庫があった区画は更地化された。昨年の海田町長選挙で、この駅前南口に新しい海田町役場建設を掲げた町長が破れたため、この広い敷地での町役場建設は事実上なくなり、当分そのままになる見込み。初当選した新しい町長は、民間を活用したにぎわいのある施設(商業施設など)を思い描いているがこの先不透明ではある。広島都心の東の要所であり玄関口のもなるであろうこの海田市駅南口再開発、早い進展が求められる。

b0095061_11514575.jpg
現在、海田町の循環バスや芸陽バスが乗り入れしているバスターミナル。
b0095061_11523561.jpg
こうした案内板も設置されている。
b0095061_11524762.jpg
b0095061_11572420.jpg
JR海田市駅のホームと船越方面を望む
b0095061_11541915.jpg
JR海田市駅の駅舎。JR東部高架化事業が実施されると、この駅舎も建て替えられる。
b0095061_11553335.jpg
b0095061_1158518.jpg
南口にも、居酒屋や学習塾、コンビニなどが進出した
[PR]

by cobalt_01 | 2016-05-09 05:11 | 街歩き | Comments(0)
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ
2016年 05月 08日
東広島バイパス海田西ICの橋脚が完成
b0095061_8352586.jpg
b0095061_8353533.jpg
b0095061_8354215.jpg
b0095061_8355280.jpg
b0095061_8355718.jpg

先月も記事にした、東広島バイパスの海田西IC付近(日の出町交差点)の橋脚が、ほぼ完成しました。
あとは、橋げたをのせるだけ・・・ですが、その橋げたが作られるのは、まだ先です。海田町内の東広島バイパスの完全高架化実現はあと数年かかります。はやく渋滞が解消すればいいのですが。
[PR]

by cobalt_01 | 2016-05-08 08:38 | 街歩き | Comments(0)
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ