「ほっ」と。キャンペーン
cbastyle.exblog.jp
安芸区スタイルブログ 安芸区+海田町・坂町・熊野町
<   2015年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ
2015年 11月 18日
ラ・ムー坂店とウォンツ坂店 建設工事の様子 2016年11月中旬
b0095061_12335979.jpg

b0095061_1234434.jpg
b0095061_1234916.jpg
b0095061_12341426.jpg


坂町平成ヶ浜2丁目の県有地だった土地に建設中の、ラ・ムー坂店。大黒天物産が運営する24時間営業の大型食品ディスカウントストア。安芸区・安芸郡内には、3店舗目の出店(ラ・ムー中野東店とディオ熊野店に続く)、安芸区・安芸郡内の沿岸部では初出店。ラ・ムーブランドのスーパーは県内6店舗目(とはいえ、大黒天物産のスーパーブランドである、ラ・ムーとディオは、ともに店の構成がほとんど同じですが)

この場所は、県警察学校と町営アパートの間です。店舗面積は2698平方メートルを予定。敷地面積は8742平方メートル。駐車場は118台。開店予定日は2016年3月1日と届けられています。


現在、2016年3月のオープンを目指して、建設工事が進められています。

また、同じ敷地内に、坂町では初出店となる、ドラッグストアのウォンツ坂店も建設されます。ウォンツは、安芸区・安芸郡(当ブログエリア外の府中町を除く)内では、5店舗目(海田栄町店、船越店、熊野店、熊野平谷店に続く)

なお、写真の手前が駐車場になり、その奥にラ・ムーとウォンツの店舗が建設中。その裏側には、今後、マンション(信和不動産のヴェルディマンション)が建設されます。

建設の様子は、今後も随時お伝えしていきますね
[PR]

by cobalt_01 | 2015-11-18 05:56 | 買う | Comments(0)
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ
2015年 11月 17日
明屋書店 Books Haruya Spirits 熊野店がオープン
b0095061_12354686.jpg
b0095061_12355630.jpg
b0095061_1236311.jpg

熊野町萩原のショッピングセンター「フジ熊野店」が大幅リニューアルオープンしました。
その目玉となったのが、全国チェーン店の書店がテナントとしてオープンすること
それが、明屋書店 Books Haruya Spirits 熊野店。
以前、お酒のたかもりが入っていたあたりのフロア(1階の北側)にオープンしています。
たくさんの書棚が印象的。また、窓際の書棚前通路には、丸い木製イスがいくつか置いてあり、座り読みもできます。
明屋書店専用のカウンターでは、レジの他、本の注文なども可能。

熊野町内では、久々の大きめの書店のオープンです。

なお、明屋(はるや)書店は、広島県内では、熊野店が初出店。
明屋書店は、松山が本社。四国、九州、中国(熊野店以外は、すべて山口県)、東京都、静岡県、兵庫県にわたり約80店舗出店しています。愛媛ではもっともポピュラーな書店(広島でいうフタバ図書のような)でしょうか


b0095061_12361277.jpg
フジ熊野店の北側駐車場から、直接、明屋書店 Books Haruya Spirits 熊野店へはいっていける。書店だけが目的のお客さんは、北側駐車場に止められた方が都合いい。
[PR]

by cobalt_01 | 2015-11-17 05:21 | 買う | Comments(3)
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ
2015年 11月 16日
フジ海田店建設工事・11月中旬
b0095061_1237846.jpg

届け出では、2015年12月18日が開業とされている、フジ海田店
そして、同じ日が開業かは未定ですが、同じ敷地に建設中のレディ薬局海田店
おそらくオープン1ヶ月前となる、現地の様子です。
2棟の建物は姿を現し、フジ海田店(食品館)の屋上には、フジのシンボルマークが設置されました。写真手前の棟がレディ薬局、奥がフジ海田店
敷地の道路沿いの囲っていた簡易幕は取り外され、敷地が全体見渡せるようになっています。
1か月後には、完成しオープンとなります。(あくまで現時点での情報ですが)
また、正式なオープン日がわかれば、UPしていきます。
[PR]

by cobalt_01 | 2015-11-16 02:10 | 買う | Comments(1)
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ
2015年 11月 15日
フジ熊野店、大幅リニューアルオープン
b0095061_12375276.jpg
b0095061_1238435.jpg
b0095061_12382274.jpg
b0095061_12383160.jpg

2015年11月、熊野町萩原にあるショッピングセンター「フジ熊野店」が大幅リニューアルオープンしました。
外観は変化ありませんが、1階には、新たに大型書店の明屋書店(はるやしょてん)がオープン。また、2階は、100円ショップのダイソーが全面改装。明るい開放感のある売り場に刷新されています。また、ダイソーの売り場面積も拡張され、フジ熊野店の2階の4割がダイソーを占めるようになりました。1階は、明屋書店がテナントとして入り、回遊性が増しています
その分、2階の他の売り場(衣料品・文具・寝具・ゲームセンター)は若干移動があり、またフジ直営の本売場(雑誌やコミック中心の小規模な売場)が廃止されています。

b0095061_12385984.jpg
県道沿いの大きなネオン看板にも、ダイソーと明屋書店の看板が新たに加わりました
[PR]

by cobalt_01 | 2015-11-15 02:43 | 買う | Comments(0)
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ
2015年 11月 10日
フレスタ安芸府中店が開店
b0095061_12401951.jpg
2015年11月5日、このブログの対象地域の隣の町となる、安芸郡府中町の新地に、フレスタ安芸府中店がオープンしました。
もともとは、天然温泉「やまとの湯」安芸府中店があったのですが、「やまとの湯」は、全国各地で閉鎖されたため、こちらも昨年・2014年4月29日に閉店しました。跡地は、そのまま源泉を使って新たな温泉施設かな?と誰しも思っていたのですが、結局源泉は使われることなく、やまとの湯の建物は解体・更地にされ、フレスタとウォンツが建設されました。
なお、ウォンツ安芸府中店は、2015年11月11日(水)オープンです。

焼き立てのパンを販売するコーナーや、から揚げ4種類を量り売りするコーナーなど独自性もあります。
イートインコーナーも、作られていますので、店内で飲み物などを買って、くつろいでいただくことができます。売り場の規模的には、中規模のフレスタと言えます。(大型のフレスタによくある、ジューススタンドや、調理が実際見れるブースのようなものはない)

なお、おなじ建物に入っているウォンツとフレスタではありますが、それぞれの売り場自体が直接つながっておらず、いったんどちらかの店舗の自動ドアから出て、屋内エントランスに入り、再び向かい側の店舗の自動ドアへ入る形となっています。

場所としては、西は、川を挟んだ南区大州地区(大州地区には、スーパーがない)、北は府中町全域、南は南区仁保、東は、南区向洋、青崎、堀越。そしてその先、当ブログのエリアになる安芸区船越あたりまでが商圏となりますし、すぐ隣接するマツダ本社・本社工場、関連の工場などの従業員の方にとっても便利なスーパーとなります。

フレスタは、今回オープンした安芸府中店から西に直線距離で1キロちょっとの場所に東雲店があります。ただし、安芸府中店と東雲店とは、猿猴川と府中大川に隔てられ、とくに猿猴川に、東雲店方面に直線でかかる橋がまったく架かっていないので、マツダスタジアム前の平和橋や、マツダ本社付近の仁保橋まで遠回りするなど、非常に遠回りとなる。そのため、まったく商圏が異なる。

船越の中心部となる、安芸区役所から、フレスタ安芸府中店までは車で7~8分、徒歩で35分となります。
また船越のもっとも西にあたる日本製鋼所前からは、車で5~6分、徒歩で27分です。
安芸区船越地区の住民の方にとっては、買い物するスーパーの選択肢が一つ増えることになります。
b0095061_12402384.jpg

[PR]

by cobalt_01 | 2015-11-10 04:59 | 買う | Comments(1)
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ
2015年 11月 10日
国道2号線バイパスの船越橋北側歩道
b0095061_12414246.jpg
b0095061_12414730.jpg
b0095061_12415187.jpg
b0095061_12415677.jpg
b0095061_1242022.jpg
b0095061_1242494.jpg
b0095061_1242858.jpg
b0095061_12421337.jpg

安芸区船越南1丁目、国道2号線バイパスの船越橋の、南側(広島方面車線が側)には、広島市東部市場の交差点から歩道あるのですが、北側(海田方面車線側)には、いままで橋を渡るまでは歩道があるものの、船越南1丁目へ降りる坂の区間は、歩道がありませんでした。北側の歩道を通行する歩行者や自転車は、車道の路側帯を進まなくてはならなかった。
これを解消するために、新たな歩道橋が8月完成しました。
これで、2号線バイパスの北側から、広島方面へ自転車や歩行者が通行できるようになります。
写真を見てわかるように、新設された歩道の大部分は、盛り土ではなく、鉄骨の橋脚で作られています。
[PR]

by cobalt_01 | 2015-11-10 04:50 | 街歩き | Comments(0)
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ
2015年 11月 08日
洋菓子のエトワール海田本店・南昭和町店跡
b0095061_1243409.jpg
b0095061_12434892.jpg

上は、海田町窪町にあった洋菓子のエトワール海田本店の跡地。現在は、健康食品販売の期間限定ショップとして使われている。(空き店舗でよくちょっとの間だけ営業しているおなじみの業種)
2016年9月、ここに、西京銀行海田支店が移転オープンしました。大正町に3階建の店舗で長年営業していましたが、経費削減で、小さいスペースで海田支店の業務は足りるということでしょうね。
ローソン→洋菓子店→銀行という変遷も凄いです



下は、海田町南昭和町のエトワール南昭和町店。こちらは、看板が取り外され、シャッターが下りている。
どちらも、ことし2015年7月に閉店した。
南昭和町店、残っていれば、すぐ目の前に町役場も移転する可能性が高いし、イオン海田店と、もうすぐオープンするフジ海田店の中間点ということで、人通りは増えただろうに。
エトワールの見慣れた看板やお店が、なくなっていくのはさみしい
[PR]

by cobalt_01 | 2015-11-08 01:06 | 食べる | Comments(2)
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ
2015年 11月 06日
フジグラン安芸、11月も順次、1階改装中。フードコートも新しく
b0095061_12444565.jpg

フジグラン安芸の1階フードコート前。ずいぶん変わりましたね。以前はいけだ書店に続く通路があった場所をフードコート拡張に充て、マクドナルドを移転させています。(写真左のミスタードーナツの部分が以前の通路沿いだった。通路はそこから写真中央の新しいフードコートの部分までにあったものが、写真右側に移設されている)
b0095061_1245645.jpg
通路は、南側の店内入口から一直線に、センターコート~食品フロアへ直線で続くよう移動されています。(以前は玄関はいってすぐ正面にドコモがあって、通路はすぐ右か左に曲がっていた。)

b0095061_1245149.jpg

現在の1階の見取り図。大きくレイアウトが変わっている。ママイクコなどの初出店のテナントのオープンを今後控えている。
[PR]

by cobalt_01 | 2015-11-06 06:11 | 買う | Comments(1)
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ
2015年 11月 06日
海田町長選挙が終わり、海田町役場はどちらに移転?
去る2015年11月1日、海田町長選挙・海田町議会議員補欠選挙が行われ、西田祐三氏が現職で4選を目指した山岡寛次氏を破って初当選を果たしました。町議だった西田氏の立候補に伴い行われた、海田町議会議員補欠選挙も、西田氏側の富永やよい氏が、山岡氏側の谷本守正氏候を抑えて初当選となりました。

当選した西田氏と富永氏は、「県海田合同庁舎跡への町役場の移転・早急に結論」を軸に選挙戦を進めました。旧東海田町を地盤とする西田氏なので、旧東海田町から近い、そして海田町の中心に当たる合同庁舎が町役場によいという考え。もちろん、南口に新しい庁舎を作るより費用的負担が少ないという点もある。そして、駅南口は民間の開発でにぎわいづくりをという考え方でもあった。南口に町役場を建設してもにぎわいはそこまで生まれない・・・

写真は、県海田合同庁舎。空き施設になって、4年近くなるので、駐車場などに雑草も目立っている。町の中心なので、海田市地区、海田東地区、海田南地区、海田西地区、それぞれの地区から均等の距離となる。町の住人にとっては、車や自転車、徒歩では行きやすい。ただ、海田市駅からは遠くなる。
b0095061_12463920.jpg


一方、山岡氏と谷本氏は、「JR海田市駅前南口への町役場移転・結論は慎重に」立体交差事業の進捗を見て、移転を進めていこうという慎重姿勢だった山岡氏。そして持論は、JR海田市駅南口への移転。交通至便で、町外者や通勤者に便利。駅前の再開発が進むという持論。当初は、マンションとの複合施設を計画していたものの、採算面や今後の建物の管理の煩雑さから、単独での庁舎建設へと計画を変更し、完成予想図なども作られていた。合同庁舎の建物を耐震化・改装しても、駅前南口に新しく建設する費用とほぼ変わらない、合同庁舎は、駅から徒歩20分くらいかかり、バスも少ないという点も強調されていた。

写真は海田市駅南口の町役場建設を計画していた場所。空地部分は、現在コイン駐車場として活用されている。せっかくの駅前、なにかにぎわいのある施設の建設を住民は望んでいるはず。商業施設とか建設したら、町の顔にふさわしくなるような気がする。町の西端であるので、海田東や海田南地区からは、かなり遠くなってしまう。そもそも、安芸区との境界線まで歩いて2.3分。安芸区役所までも、歩いて10分かからないくらいの場所。全国でもっとも、役場と役場の間が短いということになる
b0095061_12471777.jpg
b0095061_12472751.jpg


なかなか進捗しない町役場移転問題、そして海田市駅南口再開発に、海田町民は苛立ちを感じていた部分はあったのかもしれない。海田町が、新しく動くこと、変わることが必要という民意が強かったのでしょう

西田氏は、庁舎移転先の住民投票は考えていないと明言しているので、
今後、海田町役場の移転は、合同庁舎跡を軸に進められる。
ただ、クローズアップされるのは、合同庁舎の改装・耐震化か、取り壊しての新築かというところ、そして、なかなか決まらない海田市駅南口の土地に何を建てるか?だと思います。
[PR]

by cobalt_01 | 2015-11-06 05:50 | 公共施設 | Comments(1)
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ
2015年 11月 06日
ミヤケスポーツの跡地にテナントビルが完成
b0095061_12482591.jpg

海田町堀川町のミヤケスポーツの旧建物のあった場所。新しくできたテナントビル。1階は、まだテナント募集されている。駐車場5台完備。どんなテナントが入るでしょうね
[PR]

by cobalt_01 | 2015-11-06 05:48 | 買う | Comments(0)
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ