「ほっ」と。キャンペーン
cbastyle.exblog.jp
安芸区スタイルブログ 安芸区+海田町・坂町・熊野町
<   2010年 11月 ( 36 )   > この月の画像一覧

☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ
2010年 11月 29日
新しい峠・林道立石藤ヶ丸線を走破 その2
b0095061_1496.jpg
b0095061_15610.jpg
b0095061_173097.jpg
水越峠から車で3,4分くらいの様子。紅葉が色づき、とても美しい。見晴が思いのほかよいので、気持ちよい

b0095061_193580.jpg
そして、水越峠から、車で5分。安芸区と東区の境界線であり、もっとも高い地点に到着。ここからが、県緑化センターの敷地。写真は展望広場

b0095061_1115754.jpg
ここも三叉路になっているが、一つはフェンスの扉がついて、車が入れなくなっている。しかし人は入ることができる

入ってみると・・・
b0095061_1131143.jpg
県緑化センターの立石展望台に到着。
b0095061_1144893.jpg
安芸区方面。高城山や蓮華寺山、その先には、鉾取山まで見える。つまり中野地区の山々が一望できるのです

b0095061_1214417.jpg
一方、北側は、県緑化センターの全景と、その先に東区福田の街と山陽自動車道広島東ICを見渡せる。
b0095061_1222024.jpg
境界線地点から、東区に入ると、すぐ峠の下り。そして、歩道が整備されており、ここが、県緑化センター内ということがわかるようになる。
b0095061_1242025.jpg
展望広場が、この林道立石藤ヶ丸線側の、県緑化センターへの入場口となる。
b0095061_1252413.jpg
藤ヶ丸山への登山口も

水越峠からおよそ6分くらいで・・・
b0095061_1273535.jpg
広島県緑化センター入場口に到着。
b0095061_128118.jpg
b0095061_1285749.jpg
第五駐車場。林道立石藤ヶ丸線から、車で、県緑化センターにダイレクトで行けるということ。つまり、海田や矢野から、車でわずか30分、安芸区畑賀から、わずか10分程度で、大きな森林公園である県緑化センターへ遊びに行けるということ。これは意外です。

では!
県緑化センターとは、いったいどんな公園・施設なのか?
次の記事で紅葉の美しい、この緑化センターを詳しくご紹介します。
(アスレチック、博物館、そして、大きなレストランまであったりする)
ただ、厳密には東区なのですが・・・
[PR]

by cobalt_01 | 2010-11-29 01:02 | 街歩き | Comments(6)
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ
2010年 11月 28日
新しい峠・林道立石藤ヶ丸線を走破 その1
b0095061_0374744.jpg
前記事でご紹介した、県道85号線。畑賀から瀬野に向って山間を貫くこの県道を進んでいく。瀬野川カンツリー倶楽部を抜けると、水越峠へと入り、その峠の最高到達点に。そこには、三叉路が待っている。県道から北に分岐する謎の峠。この先には、どんな光景が待っているのでしょう。

秋の山登り・峠越えシリーズ
続いては、この水越峠から分かれる、新しい峠をご紹介します

b0095061_0413087.jpg
この新しい峠の名称は、林道立石藤ヶ丸線。安芸区瀬野から、東区福田に抜けることができる、大型車は通行困難な林道です。地図では、この林道の先に、県緑化センターという、大きな森林公園がある。果たして、どんな光景が待っているのでしょう。ちなみに、立石は、瀬野町の地名。藤ヶ丸は、藤ヶ丸山の東側を走る林道だから。

b0095061_0442732.jpg


b0095061_0454694.jpg
手前が林道。前方が、県道。交差している様子

b0095061_0553950.jpg
b0095061_0565992.jpg
峠(林道)に入って、ほんの2,3分で、こうしたすばらしい山並みの眺望が開ける。峠も新しい分、道幅が広くて意外と走りやすい。
b0095061_0585364.jpg
ス回レールタウンみどり坂も見えてきた
b0095061_10163.jpg
2004年に植樹された木々が、道端で多数見つけることが出来る。おそらく、2004年に、この林道が整備されたのだろう
記事は続く。
[PR]

by cobalt_01 | 2010-11-28 23:35 | 街歩き | Comments(0)
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ
2010年 11月 28日
県道85号線・畑賀~鹿子垣内を進む
b0095061_0264867.jpg
県道85号線、安芸区畑賀から、瀬野町へ向う山間を貫く道路。現在も、拡張工事が進められている。写真は北谷橋付近
b0095061_0272399.jpg
b0095061_028723.jpg
b0095061_0293836.jpg
呉婆々宇山が見える。
b0095061_0315045.jpg
鹿子垣内地区。瀬野川カンツリー倶楽部の中央を県道は貫くため、ボールを除ける鉄柵のトンネルがあったりする
ここから水越峠へと向います。
次号は、水越峠から、東区福田に抜ける新しい峠を訪ねます。果たして、どんな風景と出会い、どんな場所に出て行くのか。
[PR]

by cobalt_01 | 2010-11-28 22:24 | 街歩き | Comments(0)
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ
2010年 11月 20日
笹ヶ峠(阿戸~八本松町原)を歩く その3
b0095061_12535471.jpg
ビューポイントを先に進みます。すぐ右にカーブすると・・・
b0095061_1256669.jpg
また、高い雑草の覆われる
b0095061_12565032.jpg
ビューポイントから4分で、最高点。ここが正真正銘の笹ヶ峠
b0095061_131561.jpg
この先が東広島市八本松町。下りにかわります。こうした石というか、岩の破片がゴロゴロ・・・
b0095061_134767.jpg
大きなカーブはここが最後
b0095061_1351790.jpg
下り(八本松側)も倒木があったりするが、道幅はかなり広い。
b0095061_1361021.jpg
b0095061_1372117.jpg
この付近になると、間伐がきちんと行われていて、林に手が入っていることがわかる。八本松に入ると、一つ、大きなカーブを過ぎると、ほぼ直線にちかい道となる。なだらかな下り坂
b0095061_139723.jpg
忘れ去られたカーブミラー、ここでも見つかる
最高点から、12分歩いて・・・
b0095061_13102873.jpg
八本松側の車止めゲートが見えてきた。
b0095061_13114386.jpg
八本松側のゲート、笹ヶ峠方面を望む
b0095061_1314425.jpg
新池。八本松側のゲート前から、南にそれる道を歩いて30秒で、こうした湖に出逢える。前方に見える山が槌山。かつて、槌山城が、山頂にあった。この山の裏側には、戸坂峠の近くにある、念仏の森です。
b0095061_13182062.jpg
ここからは、整備されたアスファルトの道。なお、もうひとつある、長谷池のそばには、駐車場があるので、車で峠を越えたい方は、八本松側からこられるのがお奨め
b0095061_13202521.jpg
ゲートから、歩いて10分程度で、賀茂台地。民家も見えてくる。東広島市八本松町原の大竹地区。
b0095061_14234263.jpg
もう、車が走ることのない、廃道になりつつある峠。でも、地図では、道路として、表記されている・・・
時の流れの中で、静かに眠りつつあるこの笹ヶ峠。
かつての痕跡を辿る記事でした。

データ
昭和橋~阿戸側の車止めゲート=車・バイクで7分(ただし、車止めゲート付近は、車では難しい)
阿戸側の車止めゲート~最高地点=徒歩20分
最高地点~八本松側の車止めゲート=徒歩10分
八本松側の車止めゲート~出ヶ原バス停=車・バイクで7分(車止めまで車では容易に行ける)

笹ヶ峠最高地点=標高390メートル
昭和橋=標高150メートル
八本松車止めゲート=標高300メートル

秋の登山・峠越えのシリーズ、続きます。
次はどこでしょう・・・お楽しみに
[PR]

by cobalt_01 | 2010-11-20 08:57 | 街歩き | Comments(6)
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ
2010年 11月 20日
笹ヶ峠(阿戸~八本松町原)を歩く その2
b0095061_12204598.jpg
12時26分。車止めゲートからは、道は雑草に覆われる。すぐ右手に小屋が見える
b0095061_12213694.jpg
b0095061_12221458.jpg
かつて、林業が盛んだったころ、ここから、林道が枝分かれして、作業員がこの小屋から、作業へと向っていた。そのちょっとした痕跡です。
b0095061_12241487.jpg
草が繁る道がしばらく続くものの・・・
b0095061_12245370.jpg
すぐに、比較的整備された林道に。轍がそのまま残っている
b0095061_12263091.jpg
充分、車が行き来できる。
b0095061_12295626.jpg
最初のカーブミラーを発見。ここからカーブが続く。ミラーも点在する。ひとつは、昭和56年という表記が。このころ、車がこの峠を行き来していたことがわかる
b0095061_12305121.jpg

倒木が道をふさぐが、先に進む
b0095061_1232745.jpg
道として、きちんと作られていたことがわかる
b0095061_12363749.jpg
道が開けてくる。そう、ビューポイント到着です。12時40分。ゲート出発から14分。
b0095061_12382045.jpg
水ヶ丸山方面
b0095061_12385276.jpg

b0095061_12435890.jpg
八世以山方面
ここで一休みしましょう!
[PR]

by cobalt_01 | 2010-11-20 08:19 | 街歩き | Comments(0)
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ
2010年 11月 20日
笹ヶ峠(阿戸~八本松町原)を歩く その1
b0095061_1203635.jpg
秋の登山・峠越えシリーズ。海田の日浦山に続いて、ご紹介するのは、安芸区阿戸町の昭和橋から東広島市八本松町原まで繋がる「笹ヶ峠」です(以前、ご紹介した阿戸町国草~黒瀬町までの笹ヶ峠とはまったく別です)
地図では、道路表記で「笹ヶ峠」して書かれている。さて、この笹ヶ峠、果たして車で走れる道なのか、忘れ去られた峠を探訪しながら、痕跡と絶景をさがして、八本松までの峠越えに出かけます。なお、現在は、国有林道という形となっているようですが、昔はおそらく車で越えることもできたのだろうと予想する。戸坂峠の影に隠れて、なかなか目立つことのない、笹ヶ峠の魅力をご紹介します
b0095061_11562489.jpg
スタートは、安芸区阿戸町の昭和橋付近。阿戸の中心部から車で5分程度北上した地点です。写真右が県道174号線(熊野跡道)熊野・阿戸中心部方面。左が、笹ヶ峠へ向う道。なお、水ヶ丸山への登山者が、ここでバスを降りて、この道を歩いていく。さぁ、出発です。

b0095061_125217.jpg
民家や田畑も、すぐに途絶えてしまう
b0095061_1255354.jpg
見事な杉林が続く
b0095061_1271176.jpg
アスファルトの道は続く。田畑があるのだが、農作放棄地も見える。かつては、このあたりにも民家があったのでしょう。
b0095061_1282290.jpg
b0095061_1285681.jpg
車で8分程度。道幅が狭くなってきた。相変わらず、両側に山、中央に道路と田と大谷川
b0095061_12102138.jpg
道の脇に古い倉庫の建物。由美かおるの蚊取り線香のホーロー看板が。看板が取り付けられていたということは、その昔、車どおりがあった。阿戸と八本松を結ぶ主要道として使われていたことを物語っている気がする
b0095061_12124481.jpg
やがて、道の舗装が不十分な具合に。ただ、こうした倉庫の建物は点在する。この写真の先は、道が森に入っていく
b0095061_12145416.jpg
道は、アスファルトがかろうじて敷かれているものの、うっそうとした森の中へ
b0095061_1217111.jpg
道は険しいが、轍はみえる
b0095061_12173592.jpg
車止めゲート地点。ここから、歩くことにします。
[PR]

by cobalt_01 | 2010-11-20 06:53 | 街歩き | Comments(0)
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ
2010年 11月 19日
日浦山登山・Bルート その2
b0095061_1843439.jpg
下山しているのだが、この道標の付近から、急に上り坂となる。ここを登ると・・・
b0095061_18473675.jpg

午後13時43分。
飯の山城跡。さびれた神社が残されている。
中世の山城。
b0095061_18491132.jpg
b0095061_18494780.jpg
b0095061_1849599.jpg
神社の名前がわからなかった。後日、文献を見て調べても、見つからなかった。
b0095061_1851463.jpg
b0095061_18521269.jpg

b0095061_18541415.jpg

午後13時47分
すぐに、ミニ四国八十八ヶ所霊場へ。
石像が並ぶ通りが続くのです
そのエリアを抜けると・・・
b0095061_1855163.jpg

午後13時51分
日浦山Bルート登山口に到着!約45分で下山しました。
b0095061_18571453.jpg
b0095061_1857424.jpg
大師寺の境内から参道に降りて、
b0095061_18582865.jpg
b0095061_18585359.jpg
旧山陽道に到着!
午後13時55分です

b0095061_18594052.jpg
Bルートから登山されるかたは、ここからです。看板もあります

以上、海田町の名山・日浦山のAルート、Bルートの登山記をお届けしました。
Aルート、登山は、寄り道しなければ、大体1時間あれば頂上にいけます。
下山のBルートは約45分です。

紅葉の季節、みなさんも、日浦山へ出かけてみてはいかがでしょう?

それでは、おつかれさまでした

なお、日浦山のDルートも、取材しました。ただし、山頂へ登る目的ではなく、途中にある秘境「山大神」(青天狗)に向いました。このレポートは後日、UPします。お楽しみに

b0095061_19335093.jpg
この日登山した日浦山と、そのコース
[PR]

by cobalt_01 | 2010-11-19 07:57 | 街歩き | Comments(0)
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ
2010年 11月 19日
日浦山登山・Bルート その1
b0095061_18271647.jpg

午後13時08分、日浦山頂上を後にする
頂上広場を降りて、AルートとBルートの分岐点。ここからAルートとはお別れ。Aルートの次に、登山される方が多い、Bルートで下山します。
b0095061_1830638.jpg
b0095061_18305643.jpg
ごつごつした岩場は、ちと降りるのに気をつけなくてはいけないが、そこを過ぎると、歩きやすい道に。Aルートに比べて、登山道の幅は狭いですが、けっして歩きにくいことはない
b0095061_18332894.jpg
b0095061_18335890.jpg
b0095061_18341996.jpg

午後13時28分
875メートル地点。ほぼ中間地点。下山だけあって、早い!!
b0095061_18353217.jpg
木々の間から、船越中学校が見えてきた。おそらく、船越中学校と同じ位の標高まで降りたことになる
b0095061_18364434.jpg
鉄塔が見えてくると
b0095061_18372728.jpg

午後13時32分
中間点。
b0095061_18394539.jpg

午後13時38分
鉄塔前の分かれ道。ここを左の道に下ると、Aルートの登山口付近(奥の谷川・一貫田公園)へ迎える。

b0095061_1839236.jpg


次号はBルート後半です
[PR]

by cobalt_01 | 2010-11-19 07:36 | 街歩き | Comments(0)
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ
2010年 11月 19日
日浦山登山・Aルート その5 頂上広場からの眺望
b0095061_18102840.jpg
広島市中心部。ビル群が一望です。
b0095061_18113631.jpg
海田湾と、海田町、安芸区船越
b0095061_18125132.jpg
遠くは宮島、江田島もよく見える
b0095061_18134828.jpg
海田町南大正町付近のビル群
b0095061_18152987.jpg
安芸区中野東、海田町国信・砂走方面。山陽新幹線の高架と瀬野川が交差する
b0095061_18164965.jpg
安芸区中野・瀬野方面。鉾取山(右)蓮華寺山(左)が見える。左の上に見えるのは、スカイレールタウンみどり坂
b0095061_1819529.jpg
畑賀地区。瀬野川カンツリー倶楽部も見える。水越峠、呉婆々宇山(左)
b0095061_18214157.jpg
甲越峠。JR変電所が見える
b0095061_18243370.jpg
海田中学校方面
[PR]

by cobalt_01 | 2010-11-19 07:34 | 街歩き | Comments(0)
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ
2010年 11月 19日
日浦山登山・Aルート その4 頂上広場
b0095061_1751065.jpg
午前11時19分。頂上広場に到着!

b0095061_17551293.jpg
標高は345.9メートルです。頂上広場、意外と広い!!

b0095061_17535621.jpg

数々の岩と、木で出来たベンチが設置されています。
ここでまったり昼食を取るのがお奨め

b0095061_1756441.jpg

奥に進んでいくと・・・
b0095061_17572485.jpg

こちらが、Dルート・Cルートの登山道に入ります。前方は畑賀の街。
畑賀や畝、ひまわり館へという人は、こちらから、下山しましょう。

b0095061_180232.jpg
頂上広場の案内板。海田湾方面を中心に

b0095061_1813455.jpg
頂上の高さを表すものだろうか。

b0095061_186898.jpg
b0095061_186331.jpg
次記事は、頂上広場からの眺望を詳しく写真でご紹介します
[PR]

by cobalt_01 | 2010-11-19 06:24 | 街歩き | Comments(0)
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ