cbastyle.exblog.jp
安芸区スタイルブログ 安芸区+海田町・坂町・熊野町
カテゴリ:買う( 380 )

☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ
2016年 04月 22日
ウォンツ坂店 2016年4月15日オープン
ウォンツ坂店が、2016年4月15日にオープンしました。
現在もオープニングセールを実施中。カードポイントは4倍です。

b0095061_8265116.jpg
b0095061_8265682.jpg
先行オープンしたラ・ムー坂店と併設。
b0095061_8272593.jpg
オープニングセールでにぎわう
b0095061_8275189.jpg
ラ・ムー坂店とウォンツ坂店の入り口は、屋内エントランスで結ばれている。
坂町にウォンツは初出店。坂町内のドラッグストアは、ザグザグ坂店に次いで2店舗目。
[PR]

by cobalt_01 | 2016-04-22 05:20 | 買う | Comments(0)
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ
2016年 04月 19日
ユアーズ熊野店跡地、何かの工事が始まる。解体か?改装か?
b0095061_84739.jpg
b0095061_8471188.jpg
b0095061_8471888.jpg
b0095061_8485964.jpg
b0095061_8472376.jpg
b0095061_8472759.jpg
b0095061_847316.jpg
b0095061_8473685.jpg
b0095061_8474069.jpg

2014年3月31日に閉店してから、ちょうど2年。その2年間、ずっと放置されたままになっていた、ショッピングセンター・・・熊野町出来庭のユアーズ熊野店の建物
その跡地に動きがありました。

現在、なにやら工事が始まっています。
所有者である広島電鉄が、グループ企業である広電建設主導で、工事が始まっています。
館内に小型のショベルカーが出入りしています。
(建設当初はひろでん熊野店。ひろでんが撤退して、ユアーズに賃借していた。)

工事期間が4月~9月末になっていることからして、単なる解体ではないようです。
ただ、工事の様子を見ていても、解体のようにはみえますが。

可能性としては
①建物をリニューアルして、新たな商業施設等が入る。
②完全に解体したうえで何か新たな施設・あるいは宅地・住宅を建設する。
③完全に解体して更地にするのみ。あるいは駐車場

とにかく、ユアーズ熊野店の跡地が、どのように生まれ変わるのか気になるところです。また情報入りましたら、記事にします
[PR]

by cobalt_01 | 2016-04-19 04:43 | 買う | Comments(9)
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ
2016年 04月 15日
藤三向洋店が2017年3月開業へ

b0095061_1511691.jpg
呉に本社があり、広島の県西部・県北部でスーパーマーケットを22店舗展開している藤三が、南区向洋の向洋駅青崎土地区画整理事業の街区に進出することが明らかになりました。
店舗面積は1261平方メートル。延べ床面積は1908平方メートル。

b0095061_154434.jpg
店舗の建物と駐車場の敷地。テナント(サービス店舗)は4つで、計244平方メートル。

b0095061_1571823.jpg
建物の敷地と道路挟んで向かい側にあたるもうひとつの駐車場の敷地。駐車台数は計80台
2つの敷地を合わせた面積は2865平方メートルです。
ことし、2016年9月に工事を始め、来年2017年3月開店を目指します。

b0095061_1522937.jpg
場所は南区東青崎町2の青崎第三踏切の北西側。かつて、広島鉄道学園の校舎があった敷地のあたり。
と、いうことで、当ブログの対象エリアとなる安芸区・安芸郡(府中町を除く)からとても近い場所に新たな食品スーパーが誕生することとなります。
安芸区船越と、南区との区境から徒歩10分足らず、車でも3分程度。
安芸区役所からでも、車で6分くらい。
近くには、安芸区と南区の区境すぐそばの万惣青崎店があります。
ちなみに、安芸区・安芸郡エリアには、熊野町に藤三熊野店が唯一出店しています。
b0095061_150945.jpg

青崎第三踏切は、JR東部高架化事業で線路が高架化されると同時になくなる予定なので、いずれ(といってもずいぶん先ですが)JR線路の南側である、青崎・堀越地区・県道164号線側から藤三向洋店への行き来は容易になるでしょうね。向洋駅の通勤客にとっても便利になりますね
[PR]

by cobalt_01 | 2016-04-15 06:12 | 買う | Comments(2)
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ
2016年 04月 13日
ラ・ムー坂店がオープン
b0095061_8361765.jpg
b0095061_8362440.jpg
b0095061_8363198.jpg
b0095061_8364324.jpg

2016年4月7日午前9時、安芸郡坂町平成ヶ浜2丁目に、「ラ・ムー坂店」がオープンしました。岡山の大黒天物産が運営する24時間営業のディスカウント食品スーパー。安芸区・安芸郡内の大黒天物産の店舗としては、安芸区中野東のラ・ムー中野東店、熊野町のディオ熊野店に続く3店舗目。安芸区・安芸郡の沿岸エリアでは初の出店となります。

この「ラ・ムー坂店」だけの特徴としては
b0095061_833434.jpg

①直営の焼き立てパンコーナー
→全品94円(税抜)で、20~30種類のパンが並びます。ラ・ムー坂店で焼かれたパン。好きなパンをトングで取っていく方式。(もちろん、従来の大手パンメーカーのパンも向かいで陳列されている)

b0095061_8335770.jpg
②1g1円(税抜)の惣菜バイキング
→大きなスペースを取って、20~30種類以上のサラダ・惣菜・お肉を量り売りバイキングできるコーナーがあります。自身でパックに好きな惣菜・サラダを入れ、はかりにかけて、値段を貼ってレジへ。もちろん、従来のお弁当・寿司・パック詰め惣菜等のコーナーもあります。

b0095061_834923.jpg
b0095061_8341747.jpg
③1g2円(税抜)の菓子(BULK)・岩塩など量り売り
→こちらも大きなスペースを取って、大規模な菓子の量り売り陳列が並んでいます。駄菓子やゼリービーンズなどを中心に、200種類程度の菓子の透明な引出がずらーっと縦に3段、横20種も並んでいる。そこで、各引出の横に入っているスコップでそれぞれのお菓子をすくって袋に入れ、入れ終わったらはかりにかけて値段のシールを貼るというもの。また、一番上段(4段目)には、さまざまな岩塩とパスタが並んでいて、こちらも同じ値段でセルフの量り売り。

以上の3つは、他の安芸区・安芸郡内のラ・ムーにはない特徴です。(最近オープンのラ・ムーには割と設置されているものだそうですが)

b0095061_8365681.jpg
b0095061_837471.jpg
大黒天物産のスーパーマーケットには必ずある、100円たこ焼き・ソフトクリームの「ぱくぱく」も併設。

営業時間はもちろん24時間。現在オープニングセールを実施中(ラ・ムー中野東店やディオ熊野店でも協賛セール実施)


b0095061_8372647.jpg

なお、隣接する「ウォンツ坂店」は、1週間遅れの2016年4月15日にオープンします。
坂町の平成ヶ浜エリアの中央を貫く町道「学園通り」沿いは、家電(ヤマダ電機)・飲食(やよい軒や温野菜、スティックスイーツファクトリーなど)・書籍・文具(ツタヤ)ソフトレンタル(ツタヤ)・温泉(シーレ)・ファッション(ユニクロ・ライトオン)・スポーツクラブ(フィッタ)が集まった複合型商業施設「パルディフジ坂」、大型ホームセンターの「ダイキ坂店」と「モスバーガー」、そして今回開業した食品スーパーマーケットの「ラ・ムー」、ドラッグストアの「ウォンツ」というように、フルラインナップのショッピング街になりました。
[PR]

by cobalt_01 | 2016-04-13 05:31 | 買う | Comments(5)
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ
2016年 04月 05日
ディスカウントドラッグコスモス焼山北店
b0095061_852973.jpg
b0095061_8521596.jpg

2016年2月27日に、ディスカウントドラッグコスモス焼山北店が呉市焼山北1丁目にオープンしました。
安芸区矢野地区の中心部からは、車で12~15分くらい。安芸区との境界線からは3,4分くらい。
コスモスの建てられた場所、2014年5月31日までは、ヤクルト緑化センター(ヤクルトが経営する大型の園芸・ガーデニング店)がありました
安芸区・安芸郡エリアのコスモスは、熊野店(熊野町萩原)があります。
ただ、安芸区矢野地区からコスモスへ行くには、若干、こちらの焼山北店の方が近い。特に、呉市境に近い、安芸区矢野町寺屋敷地区の住民からはとても近いドラッグストアとなります。
b0095061_8523099.jpg
県道31号線の反対側には、ヤクルト広島中央販売本社・ヤクルト化粧品やエステティックサロン、ヤクルト焼山センターの建物。ここは昔から「ヤクルトタウン」でした。
[PR]

by cobalt_01 | 2016-04-05 00:14 | 買う | Comments(2)
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ
2016年 03月 30日
ラ・ムー坂店・ウォンツ坂店建設工事3月下旬
b0095061_8313070.jpg
b0095061_831413.jpg
b0095061_8315149.jpg
b0095061_832184.jpg
b0095061_832968.jpg
b0095061_8322038.jpg
b0095061_8323073.jpg
b0095061_8323933.jpg


坂町平成ヶ浜に2016年4月7日(木)9時オープンのラ・ムー坂店と、2016年4月15日(金)オープン予定のウォンツ坂店。ラ・ムーのロゴサインが取り付けられています。
駐車場の整備もほぼ終わり、あとは、内装(陳列棚搬入と商品陳列など)を残すのみとなっています。
一方、ウォンツはまだロゴサインは取り付けられていません(ドラッグストアなので、薬局という文字は開業直前まで取り付けられない決まりがあるようですが)従来のウォンツ郊外型店舗より、間口が狭い気がします。海田榮町店のような標準の店舗より少々小型の店舗になるのでしょう。

ラ・ムーの写真みてわかるように、100円たこ焼きの「パクパク」の店舗もみえますね。(壁に窓とカウンターが見える)ラ・ムー直営のベーカリーも併設されるようです。(安芸区・安芸郡内にある中野東店・ディオ熊野店には、直営ベーカリーは無い)
ウォンツとラ・ムーとは、店内ではつながらず、外の通路で行き来することとなります。
24時間ディスカウント食品スーパーマーケットのラ・ムー。坂町の商圏は大きく変わるでしょうか?
[PR]

by cobalt_01 | 2016-03-30 05:18 | 買う | Comments(5)
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ
2016年 03月 29日
広島トヨタ矢野海田営業所建設工事3月下旬
b0095061_20245943.jpg
b0095061_20251096.jpg
b0095061_20252034.jpg
b0095061_20252851.jpg
b0095061_20262883.jpg

間もなく開店する、広島トヨタ矢野海田営業所(矢野海田店)
敷地は2か所あり、海田側の敷地には、新車と整備工場。カレーのココ壱番屋と寮を挟んで、矢野側の敷地にはU-CAR(中古車)。まだ、車は入っていませんが、ほぼ完成しています。

b0095061_20264445.jpg
b0095061_20265135.jpg
b0095061_2027119.jpg
b0095061_20271453.jpg
b0095061_20272576.jpg
こちらが、U-CARのエリア。こちらにも、中古車専用の事務所が作られている。この矢野海田店は、2つの敷地を行き来しなくてはならない形となっている。
[PR]

by cobalt_01 | 2016-03-29 23:27 | 買う | Comments(0)
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ
2016年 03月 27日
ユアーズ瀬野川店リフレッシュオープン
b0095061_20143596.jpg
b0095061_20144984.jpg

ユアーズ瀬野川店が、2016年2月25日にリフレッシュオープンしました。
昨年、ユアーズがイズミ傘下に入ってから、ユアーズは店舗のリニューアルを全店舗で進めています。今回の瀬野川店も、イズミ方式へのリニューアルの最大の特徴である、弁当・惣菜コーナーの、イズミ「ゆめタウン」のものへの切り替えが行われており、ポイントカードも「ゆめカード」に変更となっています。店内のBGMもゆめタウンのものが使われていたり。
b0095061_20153049.jpg
また、店内も少し改装され、100円ショップは閉店され、その100円ショップが入っていた場所はユアーズの酒売り場へと変更されています(イズミ方式へリニューアルされた店舗は、酒売り場が拡張されているのも特徴。なお、100円ショップが入る前も酒売り場だったので、数年ぶりに酒売り場に戻ったともいえる)Nail Salon Tiaryなど、テナントも改装されています。

b0095061_20154211.jpg
また、閉店したテナント「洋菓子のエトワール」の場所は、催し物コーナーに切り替わっています。

ユアーズ瀬野川店。スーパーとしては30年以上の歴史があるが、もともとこの建物は、広島電鉄が経営する「広電瀬野川ボウル」つまり、ボーリング場として建設された。昭和40年代は、南側の隣接地にも別のボーリング場「安芸エースレーン」があり、2つのボーリング場が並んで営業していた。ちなみに、初期は、国道2号線から窪地になっていて、ボーリング場の建物と国道との連続性がなかった。現在は1階部分と国道が平面でつながっている。
ユアーズ瀬野川店の店の形が独特なのも(レーンがあった場所が売り場)、地下に駐車場がある、階段がスーパーらしくない特殊な形・・・それらは、ボーリング場だったころの名残。ユアーズ瀬野川店へ訪れた際は、ボーリング場の名残を探してみるのも面白い

b0095061_20155577.jpg
リフレッシュオープンに先駆けて、この瀬野川店も24時間営業を取りやめました。その分の人員や経費を、日中の営業の質の向上に充てるそうです。現在の営業時間は8:00~23:00。なお、東海田店は24時間営業を継続中。ちなみに、リフレッシュ工事はまだ実施されていません。ちなみに、この看板、広電瀬野川ボール時代からあるもの。

b0095061_2019314.jpg
b0095061_20191070.jpg
b0095061_20193072.jpg
b0095061_20193488.jpg
b0095061_20194735.jpg
b0095061_2019557.jpg
b0095061_2020377.jpg
b0095061_2020830.jpg

[PR]

by cobalt_01 | 2016-03-27 23:25 | 買う | Comments(3)
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ
2016年 03月 25日
コスモイン船越給油所(エネクス石油販売)2016年3月31日で閉鎖へ
b0095061_8405010.jpg
b0095061_841293.jpg

安芸区船越地区で唯一のガソリンスタンドとなっていた、船越南1丁目、県道164号線沿い・コスモ石油系の「エネクス石油販売コスモイン船越給油所」が、2016年3月31日で閉鎖されることになりました。

b0095061_8413144.jpg

今後、この給油所の跡がどうなるのか(たとえば、他の石油販売店が入って、セルフスタンドに改装するとかもありうる)は未定ですが、ひとまず、今月いっぱいで、安芸区船越地区は、ガソリンスタンドがゼロになります。
船越地区からですと、隣の南区青崎のコスモ石油給油所か、海田町の国道31号線沿いの給油所まで行かなくてはならなくなります。安芸区の中心地にガソリンスタンドがなくなるというのも、どうなのでしょう。

b0095061_8415545.jpg
b0095061_842314.jpg

かつて、船越地区には、4つのガソリンスタンドがありました。ガストピア安芸の場所(JOMO→エネオス系)と、安芸区役所西交差点近くのタイヤ店「ブランコ」だった建物(出光系)、的場川橋そばの、いまは部屋店安芸海田店が入っている建物(昭和シェル系)そのどちらも、現在は閉鎖されています。(船越の過去のガソリンスタンドの追加の情報、読者のみなさんからいただきました。ありがとうございます)
今回閉鎖される、コスモイン船越も、歴史はかなり古く、コスモ石油が発足する1986年までは、旧・大協石油系のスタンドでした(コスモ石油は、大協石油と丸善石油が合併して誕生した)
[PR]

by cobalt_01 | 2016-03-25 06:51 | 買う | Comments(2)
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ
2016年 03月 18日
ラ・ムー坂店、ウォンツ坂店建設工事 3月中旬。ラ・ムーの開店は4月7日に
b0095061_0214771.jpg
b0095061_0214395.jpg
b0095061_0213810.jpg
b0095061_0212918.jpg
b0095061_0212185.jpg
b0095061_0211562.jpg
b0095061_0211030.jpg
b0095061_023396.jpg
b0095061_023943.jpg

坂町平成ヶ浜2丁目に建設中の24時間ディスカウントスーパーマーケット「ラ・ムー坂店」の建設工事が進み、ほぼ外観の完成形が現れています。前記事での予想とは違い、併設するドラッグストアウォンツ坂店は、向かって右側に入るようです。建物左側には、窓口が作られている。ラ・ムーといえば、パクパク。100円たこ焼きのお店でしょうね。ラ・ムー坂店の開店は来月、2016年4月7日(木)午前9時と発表されました。ウォンツ坂店は8日遅れて、2016年4月15日(金)と発表されています。同時オープンではないようです。
[PR]

by cobalt_01 | 2016-03-18 00:20 | 買う | Comments(1)
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ