cbastyle.exblog.jp
安芸区スタイルブログ 安芸区+海田町・坂町・熊野町
2008年 11月 02日
11月1日、海田町立図書館の新システム供用開始
b0095061_8392474.jpg

前記事http://cbastyle.exblog.jp/9798098/の続き

きのう、11月1日、海田町立図書館が大きく変わりました。
まず、この写真。
左が11月1日から、全員が切り替わる新しい貸し出しカード。
薄い「リライト」カードです。利用者が借りている本・資料のタイトルと、返却日が印字されます。
右が、10月末までの、カード。けっこう分厚いカードでした。

そして、検索システムが一新。
館内にある検索機も、タッチ式の新しい機械を導入。利用者が自由に、検索・そして予約ができるようになっています。(いままでの機械は、検索時間がやたら遅かったし、予約が機械で出来なかった。予約カードに書く手間があったのです)なお、熊野町立図書館や府中町立図書館が導入している自動貸出機は、導入されていません。

まもなく、インターネットで、検索・予約ができるようになります。自宅のパソコンなどで検索、そして予約した本は、受け取り館を指定できます。(なお、インターネット検索は、12月1日からスタートです。お間違いなく。)


海田町立図書館の館内のレイアウトも、一部変わっています。
仕切りのある閲覧用デスクや、閲覧ソファーの位置、書棚の位置が変わっています。

なお、4つの分館(海田公民館・海田東公民館・ひまわりプラザ・ふるさと館)については、11月3日まで、閲覧は可能ですが、貸し出しは不可なので気をつけてください。海田町立図書館のみ、その期間も貸し出し可能。

旧カードから、新しいカードに切り替えるためには、身分証明書が必要です。また、借りている本を一旦、すべて返却する必要があります。お忘れなく
[PR]

by cobalt_01 | 2008-11-02 08:32 | 公共施設
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ


<< 矢野駅前広場、ロータリーが供用開始      町内どこでも歩いて10分以内に... >>