cbastyle.exblog.jp
安芸区スタイルブログ 安芸区+海田町・坂町・熊野町
2007年 11月 27日
コンビニ激戦区・矢野を考察する
b0095061_8383510.jpg

この地図、何を表していると思います?
これは、矢野町内のコンビニ分布図です。
矢野は、安芸区エリアで、突出してコンビニ数が多いのです。
その数なんと「12」
矢野より人口が多く、面積も広い瀬野川町や、矢野よりも都会であり交通の要所である海田町でもコンビニ数は2ケタに届かない。
内訳は・・・
セブンイレブン=6
ファミリーマート=3
ローソン=2
ポプラ=1


ちなみに他エリアのコンビニ数は
海田町=7、瀬野川町=5、坂町=2、船越町=2、熊野町=5
(熊野には、安芸区エリア唯一の「サンクス」がある)

矢野の多さが目立ちます。
その要因として・・・
○大型ニュータウンがあり、その中央に広島熊野道路が走っていることが重なる。
○旧市街の商店街の店主さんがコンビニを経営する。
○矢野駅と国道と熊野への県道と、旧市街の商店街、3つの要素が狭いエリアに集中し、人口密度が高い
○東部流通団地で、働いている人と海田大橋へ利用の車のお客さん、大型病院が重なる
○24時間営業スーパーがない

そういうところでしょうか?
海田町や瀬野川町は、24時間スーバーや大型スーパーがいくつもあり、また、駅前と国道が離れている、旧市街の商店街も車通りが少ないことが要因で、コンビニが矢野ほど多くないのでしょうね

b0095061_8585678.jpg
18年くらい前の矢野のコンビニ。ポプラ1店、矢野駅構内のハートイン、駅前のポスト、モスバーガー横のワンストップ、現在セブンイレブンになっている、JA矢野前のココストアの5つ。矢野駅構内のハートインは、のちにファミリーマートになり、昨年まで営業していた。駅前のポストは、安芸区エリア限定のコンビニチェーンでした。ワンストップは、現在、矢野神崎に移転して、「ソニーショップ」として営業中。ポプラは、花上の矢野通りにありました。当時は、まだニュータウンもなかった時代。海田には、大手コンビニがいくつもあったのですが・・・
[PR]

by cobalt_01 | 2007-11-27 05:38 | 買う | Comments(0)
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ


<< 坂の古い看板で見つけた「陰通り」      船越新宮社の大イチョウ >>