cbastyle.exblog.jp
安芸区スタイルブログ 安芸区+海田町・坂町・熊野町
2007年 11月 25日
矢野峠と樫木茶屋
b0095061_20114664.jpg
矢野峠を走ると、この地点にさしかかる。左が旧県道。樫木茶屋を説明する看板が立てられている。古代から近代にかけ、この旧県道に入ってすぐ左の山道を歩いた
b0095061_20115233.jpg
b0095061_2012953.jpg
旧県道に入ってすぐ左にまがり、樫木茶屋へ向う道へ・・・といいたいところだが、この荒れよう。中に分け入ることができない。20年くらい前までは、きちんと山道として整備されており、道を進んでいくと、熊野と焼山の分岐点を現す大きな碑や、樫木茶屋の跡の石積みが残っていた。大正末期~昭和初期まで、樫木茶屋があり、旅人の休憩する場所として栄えていた
この樫木茶屋のルートの山道、旧県道、そして現在の県道、時代の栄枯盛衰を感じさせる3つの道がここにある。旧県道も道は荒れてしまい、通行不可となる
b0095061_20254237.jpg
昭和入り口交差点。ここが現在の熊野・焼山別れである。
b0095061_9145138.jpg

[PR]

by cobalt_01 | 2007-11-25 20:21 | 街歩き | Comments(0)
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ


<< 船越新宮社の大イチョウ      安芸矢野ニュータウンの現状 >>