cbastyle.exblog.jp
安芸区スタイルブログ 安芸区+海田町・坂町・熊野町
2007年 11月 22日
矢野町屋通り探訪④砂原通りの歴史ある建築物たち
b0095061_9455651.jpg
このレトロモダンな洋風建築は、1937年に建築された。外観からはわからないが、木造建築。最初は、矢野信用組合、のちの矢野町農協の建物。この高さで2階建て。2階は40畳ほどの和室で、昔は法事や結婚式にも使われた1階には、信用組合当時の大きな金庫もそのままに。現在は生花店の作業場として使われている
b0095061_9493167.jpg
このような古い町屋が、いまだ残っている。まるで京都のようだ
b0095061_9494267.jpg
河野家。広島市近世近代建築物調査報告にのる。江戸末期の民家建築。土間の部分に蔵が加わる特殊な形態
b0095061_9531224.jpg
立派な町屋です

b0095061_9534620.jpg
その昔、造り酒屋さん「向井鶴」だった建物には、当時の酒瓶や樽がショーケースに残されている
b0095061_9551012.jpg
矢野公民館前。この砂原通りも、昭和までは、矢野の中心地で、現在の県道が作られる前は、ここが熊野へ向う県道で、バスも走っていた。江戸時代から、一大商業地区であった。現在もお店がいくつか営業している。風情ある飲み屋さん。川と道路に挟まれた場所に息づいている。ちなみに、矢野公民館の場所は、昭和27年まで芝居小屋「朝日座」が建っていた。まさに矢野の人々の娯楽の中心地であった

次号では、町屋通り探訪の地図もUPする予定です。

長期シリーズ「矢野ふしぎ発見」も、いよいよ終盤
[PR]

by cobalt_01 | 2007-11-22 07:29
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ


<< 矢野町屋通り探訪⑤中浜通りと幻...      矢野町屋通り探訪③なまこ壁の蔵... >>