cbastyle.exblog.jp
安芸区スタイルブログ 安芸区+海田町・坂町・熊野町
2007年 11月 22日
矢野町屋通り探訪④砂原通りの歴史ある建築物たち
b0095061_9455651.jpg
このレトロモダンな洋風建築は、1937年に建築された。外観からはわからないが、木造建築。最初は、矢野信用組合、のちの矢野町農協の建物。この高さで2階建て。2階は40畳ほどの和室で、昔は法事や結婚式にも使われた1階には、信用組合当時の大きな金庫もそのままに。現在は生花店の作業場として使われている
b0095061_9493167.jpg
このような古い町屋が、いまだ残っている。まるで京都のようだ
b0095061_9494267.jpg
河野家。広島市近世近代建築物調査報告にのる。江戸末期の民家建築。土間の部分に蔵が加わる特殊な形態
b0095061_9531224.jpg
立派な町屋です

b0095061_9534620.jpg
その昔、造り酒屋さん「向井鶴」だった建物には、当時の酒瓶や樽がショーケースに残されている
b0095061_9551012.jpg
矢野公民館前。この砂原通りも、昭和までは、矢野の中心地で、現在の県道が作られる前は、ここが熊野へ向う県道で、バスも走っていた。江戸時代から、一大商業地区であった。現在もお店がいくつか営業している。風情ある飲み屋さん。川と道路に挟まれた場所に息づいている。ちなみに、矢野公民館の場所は、昭和27年まで芝居小屋「朝日座」が建っていた。まさに矢野の人々の娯楽の中心地であった

次号では、町屋通り探訪の地図もUPする予定です。

長期シリーズ「矢野ふしぎ発見」も、いよいよ終盤
[PR]

by cobalt_01 | 2007-11-22 07:29 | Comments(2)
Commented by さっち at 2007-11-24 17:03 x
いつもいつも感動しながら読ませていただいています。自分の住んでいる町のよいところをくまなく教えてもらって感激です。写真もとってもきれいですね。めまぐるしく変わりつつある矢野の町、うれしい反面寂しさも感じます。
この道はよく通りますがバスが走っていたなんて信じられません。
これからのブログも楽しみです。

Commented by cobalt_01 at 2007-11-25 13:25
さっちさん>
こんにちは!お元気ですか?メッセージありがとうございます
いつも読んでくださって・・・矢野については、書きたいことけっこう多くて。きりがないです。歴史的にも深い街!!めまぐるしくかわる街でもありますよね。旧市街地、ニュータウンでは、町の雰囲気も人もまったく違いますもの
いちおう、今週で矢野シリーズはひとまず終わります。
この通り、バスが走っていたなんてびっくりですよね。私は、和田酒店の道路が、車で走っていてちょっぴりひやひやします。ほら、道路がふくらんでいるでしょ?見通しが悪くて

これからも、どうぞご愛読くださいね!よろしく!!
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ


<< 矢野町屋通り探訪⑤中浜通りと幻...      矢野町屋通り探訪③なまこ壁の蔵... >>