cbastyle.exblog.jp
安芸区スタイルブログ 安芸区+海田町・坂町・熊野町
2007年 11月 21日
矢野町屋通り探訪②「うだつ」と「レトロな薬店」
b0095061_9111382.jpg
「うだつがあがらない」の「うだつ」とは、このことをいう。町家で、隣の家との境目に妻壁を設けて、防火用にし、また、家の格式を示すため、家紋が塗りこまれたりした。
b0095061_9112489.jpg
うだつのある家がならぶ、本町通り。かつての矢野の一番の繁華街であったが、いまはお店もほとんど閉められ閑散としている。中央の家は、かつての呉服屋。そのほか、スポーツ用品店、電器店、写真館などなど。広島銀行もこの通りにかつてあった
b0095061_9124334.jpg
中高下ダルマヤ薬局。もともとこのダルマヤさんは矢野のJAのルーツだそうです。(矢野信用組合を起こしたのがダルマヤさん)懐かしい看板が今でも残る貴重な建物
b0095061_913952.jpg
電球引換所?当時を偲ばせる
b0095061_9132027.jpg
薬の看板だろう。レトロです
[PR]

by cobalt_01 | 2007-11-21 09:15 | 街歩き | Comments(6)
Commented by 矢野小卒 at 2007-11-21 20:20 x
中高下薬局のなつかしい看板、久々に見ました。まだ残っているんですね。「なにわちえこでございます。」のオロナインのテレビCM、知っている人って、あまりいないだろうなぁ。(cobaltさん、ご存じ?)
生まれ育った近所なのに、「電球引換所」なんて、気がつきませんでした。
昔はこの砂浜通りを、ボンネットバスが走っていたんですよ。交通量が少ない時代だったからこそですね。
Commented by cobalt_01 at 2007-11-25 13:17
矢野小卒さん>
まだ、健在です。お店もされているようですよ。本当に貴重ですよね。
なにわちえこ・・・名前だけは知っていますよ!あの看板の女性なんですね。
「電球引換所」という看板が時代を感じさせます。
矢野の古い写真を見たことがあります。あの矢野川沿いの小さい通りをボンネットバスが走っている・・・ほんとうに、この写真の付近って矢野の一大繁華街だったんですね。いま歩くと、ちょっぴりさみしい感じします。
Commented by ゆたか at 2010-01-02 11:44 x
先日、中高下ダルマヤ薬局が火災に遭い御一人亡くなられたそうです。
ニュースを見ながら、この記事を思い出しました。
合掌。
Commented by 25年前の矢野町民 at 2010-01-03 08:09 x
子供のころ随分とお世話になっただけに残念です。
ご冥福をお祈りいたします。
Commented by cobalt_01 at 2010-01-04 18:51
25年前の矢野町民さん
非常に残念です。
とても歴史ある、貴重な建物だっただけに・・・
子供のころの想い出も、あるのですね。

私も、本当に、ご冥福お祈りします
Commented by cobalt_01 at 2010-01-04 18:53
ゆたかさん>
建物はもとより、当時のままの看板の数々が、矢野の歴史を物語っているようで。本当に残念です。
12月31日だったのも、更に考えさせられます・・・

矢野のこのあたり、商店街の体をなさなくなるくらい、以前の街並みの活気は失われてしまって。
それも含めて、時代の流れとはいえ、寂しいかぎりです
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ


<< 矢野町屋通り探訪③なまこ壁の蔵...      矢野町屋通り探訪①五左衛門通り... >>