cbastyle.exblog.jp
安芸区スタイルブログ 安芸区+海田町・坂町・熊野町
2007年 11月 08日
矢野駅前歴史散歩①幻となった八幡水とかもじの碑
b0095061_7533492.jpg

b0095061_7534862.jpg
マンションも林立し、街になった矢野駅前に、名水があった!
それが、この「八幡名水」尾崎神社に向う参道入り口に、いまもひっそりたたずむ。埋め立てられた土地である大浜の住人にとって、飲み水として使われた。良水として名声が伝えられたのだが・・・現在訪れてみると、建物とポンプはあるものの、ポンプは壊れ、水を汲むことは出来なかった。枯れてしまったのだろうか?

b0095061_10583034.jpg
b0095061_10584116.jpg
もうひとつの名水は、現役なのです!尾崎神社の反対側の参道入り口。つまり本町筋に、写真の名水が現存する。ポンプも現役。名水が汲めます。ただし、やはりいちおう、沸騰させて飲むことをお勧めします

b0095061_7531970.jpg
そのすぐ近くにある「かもじの碑」大正14年、矢野かもじの創始者「大官田吉兵衛」は、県の産業功労者となった。昭和10年ころまでは、日本最大のかもじの産地として、海外輸出するまでにいたった。矢野の産業の礎。その功績を、この碑は物語っている

b0095061_84365.jpg

[PR]

by cobalt_01 | 2007-11-08 07:19 | 歴史・寺院 | Comments(2)
Commented by 矢野小卒 at 2007-11-09 22:39 x
この辺りは○十年昔、遊び場にしていたところ、なつかしいなぁ。
でも、あの井戸がそんな名水だなんて、知りませんでした。
開発が進む矢野町内ですが、所々に昔の面影がちゃんと残っていて
ほっとします。
それにしても、いろいろとお詳しいですね、cobaltさん。
Commented by cobalt_01 at 2007-11-10 11:27
矢野小卒さん>
以前は、原爆記念式の献水にもなったという話を聞いたことがあります。ぜひ、ポンプを直して、また名水が使えるようになればいいなと想うのですが。昨今の開発で、おいしい水が出ないかもしれませんが。

☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ


<< 矢野駅前歴史散歩②駅前通り今昔      第13旅団創立記念行事 >>