cbastyle.exblog.jp
安芸区スタイルブログ 安芸区+海田町・坂町・熊野町
2017年 03月 10日
JR海田市駅南口整備工事・2017年3月
a0225156_14261257.jpg
a0225156_14261229.jpg
a0225156_14261223.jpg
a0225156_14261157.jpg
a0225156_14261198.jpg
a0225156_14261382.jpg
a0225156_14261318.jpg
a0225156_14261329.jpg
a0225156_14261410.jpg
a0225156_14283510.jpg
a0225156_14283593.jpg
a0225156_14283606.jpg
a0225156_14283643.jpg
a0225156_14283547.jpg
a0225156_14304075.jpg

JR海田市駅南口整備工事が進んでいます。駅前のロータリーから、ひまわり大橋までの町道の拡幅工事、歩道整備、駐輪場整備と、駅前の再開発の敷地整備が主です。
一昨年の海田町長選挙を経て、海田市駅南口のJR・千葉倉庫の敷地跡に海田町役場を建設する計画から、南昭和町の県海田合同庁舎跡に移転という計画へと変更となり、海田町が取得した、海田市駅南口の広大な敷地は、元のJR・千葉倉庫側へと買い戻されました。JR側は、先日の中国新聞記事によると、千葉倉庫側とともに、この敷地を商業施設を含む開発を行う意向であることを示しています。

当面は、敷地の一部は、町道拡張、歩道整備、駐輪場拡張が行われます。そしてほとんどの敷地は、更地に整備され、敷地の半分はすでにコインパーキングとして使用されています。残りの半分が整備工事が進んでいます。

JR海田市駅南口のロータリーも東側へと拡張工事がされ、おそらく、タクシー・一般車の送迎用の駐車場が増設されるものと思われます。

駅前ロータリーからひまわり大橋までの町道は、大きく拡幅され、写真をみても、片側2車線が可能な幅になっています。

海田町といえば、畝の明治広島工場跡地と、このJR海田市駅南口の跡地利用、海田公民館移転建て替え、そして海田町役場の移転建て替え、東広島バイパス海田東IC~海田西IC高架工事など、注目される事業がたくさんありますね。一方でJR東部地区高架化事業・海田市駅建て替えは、まだまだ今後が不透明ですが。

[PR]

by cobalt_01 | 2017-03-10 06:35 | 街歩き | Comments(4)
Commented by しぐま at 2017-03-19 10:03 x
今思えば「広島市東部地区連続立体交差事業」では、在来の地平の線路の真上に高架線を建設する「直上高架工法」による建設方法をなぜ取らなかったのか?と私は思います。「直上高架工法」だと、仮線建設やそのための用地確保の労力を使う事なく、比較的短期間の工期で鉄道高架新線を供用できるメリットがあるはずなのですが、「広島市東部連立」は、山陽線の海田市駅から向洋駅付近までが複々線のため「直上高架工法」の適用が困難なうえ、広島市においては「新交通橋ゲタ落下事故」の大惨事を引き起こした結果から重い十字架を背負ったために、鉄道高架化における「直上高架工法」の採用に二の足を踏んだ経緯があったのでしょね。
Commented by 安芸区民 at 2017-04-18 13:56 x
海田のポストごはんの里が中野のヤマト近くに取得した土地は11月に工場を稼働させるよう計画が進んでいるようです。夏頃には建設が始まるかもしれません。
Commented by とある船越町民 at 2017-05-01 10:26 x
徳川海田店の向かいにあった焼き鳥居酒屋のとり福が閉店し、その後同じ場所に割烹居酒屋ながつが開店致しました。
Commented by 安芸区民 at 2017-06-11 16:18 x
船越の元セブンイレブン+すてっぷ等があった土地に日野自動車の社屋を建てるとの看板が立っていました
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ


     藤三向洋店、開店は3月30日(... >>