cbastyle.exblog.jp
安芸区スタイルブログ 安芸区+海田町・坂町・熊野町
2016年 05月 02日
船越3丁目・JR線路沿いの路地を歩く
b0095061_16152139.jpg
的場川西踏切を北に渡ってすぐ東側から、歩行者が通る路地がある。
b0095061_1617816.jpg
b0095061_16143222.jpg
線路からすぐ並行に伸びる。
b0095061_16163180.jpg
木製の電柱と街路灯。昭和らしい風情です。
b0095061_16172165.jpg
b0095061_16172833.jpg
呉線の呉方面に向かう線路は高架となり、山陽線や貨物の線路と交差していく。
b0095061_16185260.jpg
野菜などが作られていた
b0095061_16192735.jpg
ちょうど中間点から、広島方面(西方面)望む。三角屋根のビックエムワンの位置から、高架道路が線路とこの路地を跨いで写真右側へ向かって作られる計画。
b0095061_16205739.jpg
この路地に今も残る懐かしい看板。みどりスーパー裏手との表記。みどり船越店はいまのマルショク船越店が建設される前に建っていた、2階建ての中規模スーパー(1階は食品、2階は服・家電・雑貨とカレーのオアシス)。その後、ディスカウントスーパーのザ・ビック船越店に業態変換したのち、閉店し取り壊され、マルショクが作られた。ちなみに、みどりは、現在のマックスバリュ西日本。
b0095061_16241913.jpg
広島鉄道保線区の平成5年の看板。もう横倒しで放置されている。おそらく、敷地内に入ったり、畑などつくらないようにとの警告だろう
b0095061_1625244.jpg
b0095061_16251060.jpg
約300メートル歩くと、この線路と平行である路地の終着点。ここでふつうの市道になる。
b0095061_16293523.jpg
この路地の東端の市道挟んですぐ向かいに、L字の道路に沿って、5角形のドーナツ型に建てられた長屋アパートがある。この写真側の建物、1階はお好み焼き店など入っている。このアパート、つばめ荘といった。この名前を聴いてピンとくる人はいると思う
かつての国鉄つばめ荘である。
現在の安芸区民文化センターやコープ船越などがある敷地に、平成初頭まであった、国鉄自動車(のちの中国JRバス)海田車庫。昭和40年代から50年代は、その働いている方たちの社宅アパートであったのだろう。(もしかしたら、バスだけでなく、国鉄海田市保線区や海田市駅の駅員さんの方たちのアパートでもあったのかもしれない)
[PR]

by cobalt_01 | 2016-05-02 04:13 | 街歩き | Comments(1)
Commented by 熊野胡自動車 at 2016-05-07 09:31 x
>このアパート、つばめ荘といった。この名前を聴いてピンとくる人はいると思う。かつての国鉄つばめ荘である。

つばめ荘の話は、初めて知りました。つばめ=国鉄(JR)バスのシンボルマークなので、私も国鉄バス職員の社宅だったと思います。
鉄道関係の方は、現在の安芸区図書館になっている場所に、JR西日本の「安芸寮」という社宅があった記憶があるので、こちらを社宅として使っていたのではないか?と思います。
(この「安芸寮」は、国鉄(JR)バス海田車庫の敷地内にあった感じでした)
また、矢野には国鉄の官舎が結構あったと思いますが、これらは現在は、中国JRバスが経営している「JRBハイツ」という賃貸アパートになっていると思います。
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ


<< や台ずし矢野駅前町店が、201...      中溝商店街を歩く その2 >>