cbastyle.exblog.jp
安芸区スタイルブログ 安芸区+海田町・坂町・熊野町
2016年 03月 04日
回転寿司「海都海田店」が閉店
b0095061_1130451.jpg
b0095061_11305461.jpg
b0095061_11305939.jpg

海田町南昭和町のひまわり通り沿いで営業されていた回転寿司海都海田店が、2016年2月末で閉店されました。
120円から、700円代のちょっとだけ高めの価格設定にして、良質な海鮮寿司を提供していました。
さて、この建物、ずっとマリンポリスグループの回転寿司店が営業され続けてきた。
建設された当初は、「マリンポリス海田店」(海田町南幸町から移転)、その後、業態変換で、おなじ低価格路線の「しーじゃっく海田店」、そして2年前くらいに、ちょっと高級路線の「海都海田店」という形で、3つの店名の歴史があります。

今回の閉店で、この店舗、マリンポリスから完全に離れることになりそうです。(次のテナントは未定のようです)
近年、海田町内には、すし遊館(エディオン海田店内)や、大手の「はま寿司」、海田町の隣にあたる坂町にも、回転寿司店が2店、同じく隣になる南区の2号線沿いにも、業界最大手の「くら寿司」があり、競争が激化していました。海田町中心部から、南区のくら寿司まで、車で10~15分以内の距離。

また、海田町は食品スーパーも近年出店が増え、おなじひまわり通りに、昨年末「フジ海田店」がオープンしたことは大きく影響したかもしれません。一昨年には同じ海田町内に、寿司の豊富さも大人気のスーパー「エブリィ海田店」がオープン。海田町内に昔からあるイオン海田店やユアーズ東海田店なども含め、どの店にも、たくさんの寿司が惣菜コーナーに並んでいます。こちらも回転寿司店にとって、競合する点ですよね。


b0095061_1131563.jpg

ちなみに、マリンポリス海田店の初代の店舗建物は、南幸町のこちら。フジ海田店向かい側。現在は地元の鮮魚店たわら屋さんと、たわら屋さんが運営する食堂が入っている。
平成初頭は、この建物でマリンポリスが営業されていた。当時、海田町には、回転寿司店といえば、このマリンポリスしかなかった。なお、昭和60年代までは、海田町栄町に「くるくる寿し」があった。(現在の徳川海田店の場所)

マリンポリス海田店は、この南幸町から、南昭和町に新築移転。南幸町の旧店舗は改装され、とんかつ屋「かつ富海田店」に。そして現在はたわら屋に引き継がれている。
[PR]

by cobalt_01 | 2016-03-04 06:06 | 食べる
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ


<< 焼鳥居酒屋開花屋パルティフジ坂...      グルメピアザ閉店 >>