cbastyle.exblog.jp
安芸区スタイルブログ 安芸区+海田町・坂町・熊野町
2015年 11月 10日
フレスタ安芸府中店が開店
b0095061_12401951.jpg
2015年11月5日、このブログの対象地域の隣の町となる、安芸郡府中町の新地に、フレスタ安芸府中店がオープンしました。
もともとは、天然温泉「やまとの湯」安芸府中店があったのですが、「やまとの湯」は、全国各地で閉鎖されたため、こちらも昨年・2014年4月29日に閉店しました。跡地は、そのまま源泉を使って新たな温泉施設かな?と誰しも思っていたのですが、結局源泉は使われることなく、やまとの湯の建物は解体・更地にされ、フレスタとウォンツが建設されました。
なお、ウォンツ安芸府中店は、2015年11月11日(水)オープンです。

焼き立てのパンを販売するコーナーや、から揚げ4種類を量り売りするコーナーなど独自性もあります。
イートインコーナーも、作られていますので、店内で飲み物などを買って、くつろいでいただくことができます。売り場の規模的には、中規模のフレスタと言えます。(大型のフレスタによくある、ジューススタンドや、調理が実際見れるブースのようなものはない)

なお、おなじ建物に入っているウォンツとフレスタではありますが、それぞれの売り場自体が直接つながっておらず、いったんどちらかの店舗の自動ドアから出て、屋内エントランスに入り、再び向かい側の店舗の自動ドアへ入る形となっています。

場所としては、西は、川を挟んだ南区大州地区(大州地区には、スーパーがない)、北は府中町全域、南は南区仁保、東は、南区向洋、青崎、堀越。そしてその先、当ブログのエリアになる安芸区船越あたりまでが商圏となりますし、すぐ隣接するマツダ本社・本社工場、関連の工場などの従業員の方にとっても便利なスーパーとなります。

フレスタは、今回オープンした安芸府中店から西に直線距離で1キロちょっとの場所に東雲店があります。ただし、安芸府中店と東雲店とは、猿猴川と府中大川に隔てられ、とくに猿猴川に、東雲店方面に直線でかかる橋がまったく架かっていないので、マツダスタジアム前の平和橋や、マツダ本社付近の仁保橋まで遠回りするなど、非常に遠回りとなる。そのため、まったく商圏が異なる。

船越の中心部となる、安芸区役所から、フレスタ安芸府中店までは車で7~8分、徒歩で35分となります。
また船越のもっとも西にあたる日本製鋼所前からは、車で5~6分、徒歩で27分です。
安芸区船越地区の住民の方にとっては、買い物するスーパーの選択肢が一つ増えることになります。
b0095061_12402384.jpg

[PR]

by cobalt_01 | 2015-11-10 04:59 | 買う
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ


<< フジ熊野店、大幅リニューアルオープン      国道2号線バイパスの船越橋北側歩道 >>