cbastyle.exblog.jp
安芸区スタイルブログ 安芸区+海田町・坂町・熊野町
2014年 03月 12日
昭和60年(1985)海田大正交差点付近の住宅地図と現在の様子・その1
b0095061_1944527.jpg

昭和60年の住宅地図で加筆した、海田大正交差点付近の地図。
いまとかなり様相が違いますよね。大きな商業施設が少ないのと、ガソリンスタンドが多いのが特徴

b0095061_19461058.jpg
イオン海田店前。昭和60年当時は、安芸ニチイ海田ショッピングセンター。写真左のバッケンモーツアルト海田店は、菊家海田店。同じ洋菓子店
b0095061_19462213.jpg

菊家は、現在も大分・福岡でチェーン展開している。広島県内にも、当時は多く出店していたが、その後、広島県内の店舗の事業は、バッケンモーツアルトに移譲された。
写真右の、郵便局のATMがある場所に、かつては矢野橋ペットショップがあり、店先に小鳥の籠などがたくさん出されていた。

b0095061_1952236.jpg
フタバ図書ソフトピア海田店。本・文具・DVD・ゲーム・CDの販売、DVD・CD・コミックのレンタルの大型店。GIGA店舗でないのが惜しい。昭和60年当時は、約半分の敷地は、松田商店の工場と営業所
b0095061_2082752.jpg

もう半分の敷地、現在のセガ海田店やマンションのあるあたりは、カヤマ海田工場でした。カヤマは、かつて海田町窪町に店を構えていた、家具店。家具をここで作っていたのでしょう。

b0095061_19542910.jpg
右手前のレンタルバイク広島の建物が、かつてのほてい寿司。細長ーい建物ですが、ここで、長年持ち帰り寿しをされていた
左奥の建物、現在のうどん讃岐屋の建物は金正堂。こちらも、長年工具や金物などのお店でした。
b0095061_19561248.jpg
海田大正町郵便局。昭和60年当時は、2階建ての建物でした。そして大きく違うのが、局名。当時は海田大正通郵便局。もともとは、イオン(当時のニチイ)の東側の入り口の向かい側にあった。そう、大正通り沿い。それが、県道沿いに移転。しかし局名はそのまま「大正通」だった。ビルに建て替えられたのを機に、海田大正町郵便局へと変更された
b0095061_195820100.jpg
b0095061_2004280.jpg
小沢石油大正町給油所も、10年ちょっと前くらいまで存在した。共同石油→JOMOのガソリンスタンドだったが、JOMOがエネオスに合併して、エネオスに変わる前に閉店した。現在はオリックスレンタカー。
b0095061_2014910.jpg

b0095061_201579.jpg

b0095061_2015665.jpg

大正交差点の一角に長年立っているビル。この1階は、当時はうどんの安芸路。地元の人ならだれでも知っている手打ちうどんの名店でした。こちらも数年前に店をたたんでしまって、現在はレプトンが移転している。
このビル、昭和60年当時は、屋上の巨大な「広島そごう」の赤いネオン看板が取り付けられていて、夜もそごうのマークがネオンで浮かび上がっていた。ここにそごうショップでもあるのかと勘違いしている人もいたでしょうね。また、平成に入ってからは、消費者金融がいくつか上層階に入っていたが、現在はすべて撤退している。結婚式場・玉姫殿の互助センターなんかも、昭和60年には入っていたんですね。
b0095061_2054452.jpg
大正町陸橋の階段とレプトン2階へ向かう階段が並行に。
b0095061_205584.jpg
当時はクラウン産業が、もっと県道側にあった。いまはビルに建て替えられて、奥に移っている。
b0095061_2074121.jpg
b0095061_2074644.jpg


b0095061_653319.jpg

[PR]

by cobalt_01 | 2014-03-12 12:00 | 街歩き
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ


<< キリン堂矢野駅前店跡に、ゲオ広...      昭和60年(1985)坂駅前の... >>