cbastyle.exblog.jp
安芸区スタイルブログ 安芸区+海田町・坂町・熊野町
2014年 03月 01日
昭和60年(1985)海田市駅北口の住宅地図と現在の様子・その1
b0095061_1615210.jpg


b0095061_1620815.jpg
b0095061_1126255.jpg

上は現在の駅前通り
下は2003年の同じ場所から。
大正通りと駅前通りの三叉路の交差点。左にずらーっと、商店街の店が昭和60年当時並んでいた。左側の一番手前には、リトルマーメード海田店。そこから、和田歯科、坂本金物店、三宅靴店、金子食品店、大下クリーニング店、加科川氷室、光カメラ、田中時計店、栗原薬局、安芸手芸店。
現在は取り壊され、道路が拡張され、残りの敷地は駐輪場になっている。これもJR東部立体交差事業のための立ち退きだったが、その計画も、昨年、海田町部分は中止にしたいと、県が方針を示して、海田町側は反発している。


右側は、手前から海田園芸、たこ焼きふじや、冠履物、惣菜いとう、おかもとスポーツ、ナガタ理容店、佐々木化粧品店、デンキのハマイ、スタンドおがわ、サンホワイトクリーニング、小六京染店、モンマートやまだ・栄光学院海田教室、梅田旅館、俄うどん、洋装ミナ・・・
b0095061_16273565.jpg
b0095061_16275085.jpg
b0095061_162816.jpg
b0095061_16281783.jpg
b0095061_1628482.jpg
b0095061_16285578.jpg

b0095061_16325598.jpg



b0095061_16331962.jpg
b0095061_16334732.jpg
b0095061_1634071.jpg
b0095061_16342921.jpg
駅北口西側。洋装ミナの場所に加藤花店が移転している。線路側は道路拡張されている。商店街だった面影を残す、木の支柱でできた街路灯が残っていた。

b0095061_16363886.jpg
駅北口、交番の裏側付近に、昭和60年当時、国鉄物資部があり、ちょっとしたスーパーを営業していた。福屋の商品券なども取り扱って販売しており、お中元お歳暮に重宝した。現在の交番の場所に喫茶スミがあり、駅の乗降客が長年利用していた。

b0095061_16413615.jpg
国鉄建築支区だった建物はいまも残されている
[PR]

by cobalt_01 | 2014-03-01 12:00 | 街歩き
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ


<< 昭和60年(1985)海田市駅...      昭和60年(1985)船越・安... >>