cbastyle.exblog.jp
安芸区スタイルブログ 安芸区+海田町・坂町・熊野町
2013年 07月 10日
オープン直後のパルティフジ坂・その2 「JUNK BOX」(2004)
b0095061_1211247.jpg
パルティフジ坂の開業当時を振り返るシリーズの2回目。今回は、JUNK BOX。開業当時の目玉施設の一つで、スポーツ体験ができるアーケードゲームがたくさん並んでいるということと、当時・安芸区安芸郡エリア初のインターネット・漫画喫茶というのが売りでした。
開業から数年は、広島ホームテレビを中心に、テレビコマーシャルも流れていました。
しかし、ゲームの入れ替えなども行われたものの、人気に陰りが見え、2009年までに閉店。大幅な改装がなされ、その年の3月にツタヤとして再オープン。
現在、1階は書店・CD・文具販売。2階はCD/漫画/ブルーレイのレンタルフロア。
b0095061_12111578.jpg
b0095061_12114098.jpg
当時の1階は、バーチャルスポーツゲームを中心としたゲームのコーナー。ストラックアウトや、卓球、サッカーのPK、バスケットなどのバーチャルでスポーツできる機器が並んでいました。手軽にいろんなスポーツができる!15分100円という時間制。会員に入会し、会員証を作ります。
b0095061_1214054.jpg
当時の2階、階段を上がってすぐの場所(現在のツタヤのレンタルカウンターエリア)は、ビリヤードのコーナー。その奥のドアを開くと
b0095061_12145682.jpg
マンガ・インターネット喫茶です。ナイトパック(1800円)もあり、宿泊的に使うこともできました。
b0095061_12154143.jpg
インターネットブースの様子
b0095061_12171119.jpg
開業当時のチラシより。当時の料金体系。
[PR]

by cobalt_01 | 2013-07-10 12:10 | 買う | Comments(2)
Commented by アツ at 2013-07-12 23:14 x
懐かしいですね。
私は、インターネット喫茶を利用していましたよ。
もっとも、帰省した時だけなので、頻繁に利用していたという訳ではないですが。
今は、安芸地区にあるネット喫茶といえば、自遊空間ぐらいですかね。
Commented by 安芸府太郎 at 2013-07-16 11:13 x
僕もよくネットカフェを利用していました。
雑誌がけっこう豊富だったのとなぜか自分の席では飲食禁止でビリヤードの横でたこ焼きを食べたことを覚えています。
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ


<< 旧千葉家住宅一般公開 その1        海田町曙町のひまわり畑が見頃に >>