「ほっ」と。キャンペーン
cbastyle.exblog.jp
安芸区スタイルブログ 安芸区+海田町・坂町・熊野町
2013年 06月 17日
エトワール・ブリアント(2002)
b0095061_036159.jpg
エトワール・ブリアント。海田町新町の花都川沿い。
エトワールといえば、安芸区・安芸郡を中心にたくさん出店している、洋菓子のお店。安芸区・安芸郡の人で洋菓子といえば「エトワール」
2002年当時、このJR踏切そばに、写真の建物を出店していた。当時の海田本店といえる。確か・・・この2階が、エトワールのケーキ工場だったと記憶しています。

この大きな洋菓子店の建物も、海田市駅北口の道路整備・JR山陽線高架化事業により、取り壊され、現在は海田市駅北口の広い道路の入り口付近となり、塾の入っているビルなどに生まれ変わっている。写真でもわかるように、当時は海田市駅北口への道路は狭く、両サイドに店が並んでいた。(現存する県信用組合海田支店とエトワールとの間の道)

エトワールブリアントが取り壊されて、海田本店は、隣の窪町・県道164号線沿いのビル(以前、ローソンが入っていたテナントの場所)に移転。また、工場も、栄町のリースキンの工場が入っていた建物に移転し、その1階に、栄町店が開店、現在に至ります。
[PR]

by cobalt_01 | 2013-06-17 00:46 | 食べる | Comments(1)
Commented by 安芸府太郎 at 2013-06-17 19:52 x
エトワール・・・
どこかにお菓子を持って訪問する時に何度かケーキやお菓子を買いに行ったような記憶がありますね。
この写真も懐かしいですね。
しかし10年一昔と言いますが、正にその通りですね。
海田も変わっていないようで、少しずつですが変貌しているんですね。
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ


<< ウォンツ熊野店(2002・2003)      うどんの安芸路(2003) >>