cbastyle.exblog.jp
安芸区スタイルブログ 安芸区+海田町・坂町・熊野町
2013年 06月 14日
フェスタひまわり2003(2003)
b0095061_1644884.jpg
b0095061_16443085.jpg
b0095061_16443432.jpg
b0095061_16445447.jpg
b0095061_1644561.jpg
b0095061_16452668.jpg
b0095061_16453332.jpg
b0095061_16464871.jpg


昭和61年(1986年)に「海田町合併30周年記念事業の一環」として、ひまわりが公募 によって同町の町花に選定され、昭和62年8月に、「フェスタひまわり」が初開催されました。それ以降、海田町のもっとも大きなお祭りイベントとして定着していきました。
開催日は、毎年8月最初の土曜日。場所はJR海田市駅南口広場。
初期のころは、エアロビクスの大会や発表会、ステージの発表などがメインイベントでした。

写真は最後のフェスタひまわりとなる、2003年の様子。
総合司会は、地元出身の大松しんじさん。スペシャルゲストは尾藤イサオさん。夜、尾藤イサオスペシャルステージが繰り広げられました。
正午から祭りはスタート。夜9時過ぎまで。
フィナーレは鬼舞と神輿、そして花火。
当日は、海田小学校が臨時駐車場として開放されています。

ひまわりコンテスト(ひまわりの絵画、写真、工芸などを当日正午までに持ち寄って、それを審査するイベント)や、当時人気の戦隊もの「恐竜戦隊ジュウレンジャーショー」などなど盛りだくさんの内容。


しかし、この海田町の一大イベントであった「フェスタひまわり」は、この年が最後になってしまいました。

というのも、翌年2004年は、海田町は、広島市との合併か、単独町制かで揺れる、住民投票が、8月に実施されることにともない、お祭りは中止。選挙の結果、単独町制を選択することへつながっていきます。しかし、この年の中止がきっかけで、それ以降、フェスタひまわりが行われることはなくなりました。

(このころ、海田市駅南口に、広電バスや芸陽バスの路線がたくさん乗り入れるようになったのも影響したと思われます)

なお、7月に瀬野川河川敷で、毎年行われている「かいた七夕さん」が、2004年から規模が大きくなり、実質的にこのフェスタひまわりを、若干引き継ぐ形になっているような気がします。
現在では、かいた七夕さんが、海田の夏の一大イベントとしてしたしまれています
[PR]

by cobalt_01 | 2013-06-14 05:43 | 祭り・季節
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ


<< スパーク瀬野川店      Mr.コンセント(2002) >>