cbastyle.exblog.jp
安芸区スタイルブログ 安芸区+海田町・坂町・熊野町
2013年 05月 28日
マルシェー海田店、5月26日より一時休業。建て替えで、2013年秋再オープン
b0095061_17124591.jpg
b0095061_17124370.jpg
b0095061_17125585.jpg
b0095061_17125348.jpg
b0095061_1713539.jpg


BOXストア・マルシェー海田店が、2013年5月25日をもって、営業をいったん終了し、休業に入りました。
増床にともなく建て替えです。
2013年秋には、現在より広くなった、真新しい新店舗がオープンします。

このマルシェー海田店の建物、平成初頭までは、倉庫として使われていた建物。それを改装して、マルシェーが進出して現在に至ります。

海田町唯一のマルシェーにしては、さすがに店舗が手狭で、老朽化も目立っていました。
また、敷地がとても長細いのもあり、駐車場も、車の停め方が独特で、ちと停めにくさがありました。

どういう形式になるのか、まだ詳細な情報はわかりませんが、増床となると・・・
マルシェーの売り場が2階建てになることは考えにくいので、もしかしたら、屋上駐車場のある新店舗を建設して、いまの平面駐車場の部分も、1階売り場にあてて、大幅に増床するのことも考えられます。(もしそうなると、大型店のストアブランド「万惣」として再オープンする・・・微妙なところですかね)

開業当時は、けっしてよい立地ではなかったものの、
近年、すぐそばに、東広島バイパスが建設され、広島東部の大動脈として交通量が今後さらに増えていくことが予想されます。バイパス利用者がさらにたくさん立ち寄ることも視野にいれ、今回の建て替えになったのかもしれません。海田町唯一のマルシェーだけに、海田町全域から、訪れるお客さんに対応するには、やはりいまの古くて狭い店舗ではなく、駐車場を確保した大きな店舗にするメリットは大きい。

マルシェーは、矢野店を閉店させたのもあり、この海田店は、矢野東地区も商圏に入っている部分もありますね。

人気の食品ディスカウントスーパー、再オープンが楽しみです


ちなみに・・・
b0095061_17131329.jpg
b0095061_17132567.jpg
マルシェー海田店のある、海田中学校(西)交差点の様子です。東広島バイパスを挟んで、北東側は、町営プールが取り壊されて、海田中学校のグランドに統合されています。またそのすぐ隣に、現在、金谷整形外科クリニックのビル新築工事が進められている。南東側は、昨年、ガソリンスタンドが建て替えられて、セルフスタンド化している。
[PR]

by cobalt_01 | 2013-05-28 05:58 | 買う
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ


<< 海田町ひまわりプラザに電気自動...      呉信用金庫熊野支店、貴船に20... >>