cbastyle.exblog.jp
安芸区スタイルブログ 安芸区+海田町・坂町・熊野町
2013年 01月 10日
復活した矢野峠古道・樫木茶屋・幸神社 2013年 その5 樫木茶屋石標から出口へ引き返す 
b0095061_12423575.jpg
樫木茶屋石標付近からは、丸太が崖沿いの置かれていた。
b0095061_1243283.jpg
さらに熊野方面へ進みます。写真右は安浦方面へ向かう古道。現在は広島熊野道路が作られたため、途中で途切れている。
b0095061_12444694.jpg
b0095061_12451132.jpg
再び石標を見つけた。郵便のマークが記されている。戦後のものなのかどうかはわからないが。電信(電報)といったものの名残なのだろうか
b0095061_12462587.jpg
木々の隙間からは、県道34号線(現在の矢野峠)が見える
b0095061_12472718.jpg
熊野方面と安浦方面の分岐点。熊野方面は石の階段。
b0095061_1248873.jpg
b0095061_124821100.jpg
2年前は、この先、木々や草が生い茂り進めなかった。伐採され、古道が再び現れている
b0095061_1249885.jpg
b0095061_12492546.jpg
b0095061_12494599.jpg
広島熊野道路と県道34号線が交差する地点を木々の隙間から見ることができる
b0095061_12503231.jpg
b0095061_1251680.jpg
倒木の地点。木を潜り抜けて進む。一部分、古道が崩れている。ここだけは気を付けて
b0095061_12515198.jpg
倒木を過ぎるとすぐに、広島熊野道路の側面に出る。
b0095061_1252273.jpg
b0095061_12523651.jpg
とても歩きやすい区間。熊野トンネル入り口も見える。
b0095061_12531380.jpg
b0095061_12533086.jpg
道路公社が設置した石標。広島熊野道路建設で取り付けられた
b0095061_12542383.jpg
b0095061_12543249.jpg
b0095061_12543929.jpg
キレイに整備された古道
b0095061_12551112.jpg
かなり古い缶コーヒーの空き缶があった。デザインからして昭和のもの?
b0095061_12554160.jpg
さ、やっと空が見えてきた。ここを右に曲がると
b0095061_1256714.jpg
県道34号線が見えてきた
b0095061_12562910.jpg
b0095061_12563739.jpg
復活した矢野峠古道入口。樫木茶屋・才の神はこちらとの看板が真新しくて気持ち良い
b0095061_12574961.jpg
b0095061_12575884.jpg
入口を後にして、矢野峠を下っていく

踏破するのに、所要時間は10分~12分です。
b0095061_12582324.jpg
古道入口から歩くこと1分弱で、広電バス鷹ノ巣バス停に到着。

b0095061_12591349.jpg

[PR]

by cobalt_01 | 2013-01-10 03:42 | 歴史・寺院
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ


<< 熊野町萩原交差点付近の現在      復活した矢野峠古道・樫木茶屋・... >>