cbastyle.exblog.jp
安芸区スタイルブログ 安芸区+海田町・坂町・熊野町
2013年 01月 10日
復活した矢野峠古道・樫木茶屋・幸神社 2013年 その3 樫木茶屋・幸神社・再び県道34号線へ 
b0095061_1205488.jpg
b0095061_1212110.jpg
才の神(幸神社)跡。
b0095061_1221989.jpg
b0095061_1224599.jpg
樫の木

b0095061_1242770.jpg


b0095061_1245323.jpg
樫木茶屋跡
b0095061_126032.jpg
b0095061_1264281.jpg
相変わらず、ここに茶屋の建物があった面影はない。石積みされた土台のみのこされている
b0095061_1271749.jpg
樫木茶屋の古道挟んで向かい側にあるイケス。
b0095061_1282634.jpg
イケスから伸びている水路跡
b0095061_1285325.jpg
左が樫木茶屋跡。右がイケス・水路と、石積み。この石積みの上に、初代の樫木茶屋があった
b0095061_12102179.jpg
b0095061_1210288.jpg
2年前訪れたときは、この先は草が背丈以上に伸び、左右の木々の枝がふさぎ、歩くことが出来なかった。現在はすべて伐採・除草され、古道が復活し歩くことができる
b0095061_12123221.jpg
樫木茶屋から下ること1分半。
b0095061_12132516.jpg
古道の終点が近づく。この石積みを曲がると
b0095061_12141361.jpg
県道34号線が見えてきた
b0095061_12145577.jpg
右に曲がって
b0095061_12151959.jpg
県道34号線に再び合流。
b0095061_12163373.jpg
b0095061_1217923.jpg
樫木茶屋入口の看板。いままで、樫木茶屋を物語る表示はここだけでした。それに、この表示を見て進んでも、入口は草木でふさがれ行き止まりでした。やっと、この表示板のとおり樫木茶屋へここから歩いて訪れることができるようになった。ここまで所要時間は、どこも立ち止まらず進んだとして10分弱です。

b0095061_1220985.jpg

[PR]

by cobalt_01 | 2013-01-10 01:59 | 街歩き | Comments(0)
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ


<< 復活した矢野峠古道・樫木茶屋・...      復活した矢野峠古道・樫木茶屋・... >>