cbastyle.exblog.jp
安芸区スタイルブログ 安芸区+海田町・坂町・熊野町
2011年 04月 25日
赤穂峠 その1 熊野町側
b0095061_1412285.jpg
海田町と熊野町を繋いだ峠をご紹介するシリーズ。その1回目は、赤穂峠です。市販の道路地図や、国土地理院の地図にも、記載されている峠。かつて、熊野村から海田市へ向かう、「熊野道」という主要な道でした。のちにご紹介する新峠ができるまで、この峠を越えて、熊野町の人は、海田市駅まで歩いていた。
b0095061_1795949.jpg


では、この赤穂峠、熊野町側から、向かってみましょう。

写真は、おなじみ「ゆるぎ観音」入り口。まずは、この筆の里工房の前を通る、広い町道からゆるぎ観音へ向かってゆきましょう

b0095061_1461768.jpg
この山が赤穂峠。この尾根を越える道。越えると海田町三迫になるのです

b0095061_1474831.jpg
最初の写真の地点から、車で2分程度で、田畑が広がるこの場所で、赤穂峠とゆるぎ観音とで、分かれ道となる。左が赤穂峠、右がゆるぎ観音。そして、この分岐点に、道標が残っている


b0095061_14115158.jpg
赤穂峠の熊野側の道標。左が赤穂峠、右がゆるぎ観音

b0095061_14124198.jpg
道標地点を熊野町方面へ振り返る

b0095061_14132996.jpg
先に進み、作業場の前を道は左に曲がる

b0095061_14152913.jpg
進んでいくと

b0095061_1416651.jpg
熊野町も一望できるようになる。下の池が坂面大池(筆の里工房) 出来庭方面を望む

b0095061_14181079.jpg
この写真の先、右側に、赤穂峠へ入っていける。

b0095061_14191599.jpg
赤穂峠入口。この峠道の左側には小さな水の流れも

b0095061_14221738.jpg
b0095061_1423740.jpg
b0095061_1424034.jpg
b0095061_14261133.jpg
赤穂峠は、写真のように続いていく。

次記事は、赤穂峠の海田町側をご紹介します。こちらも、道標など、峠の当時の面影を残すものがいくつも見つけることが出来ます。


b0095061_179214.jpg
なお、赤穂峠、古峠、新峠という、3つの海田・熊野を繋いだ峠と、矢野東と海田町三迫を繋いだ峠をご紹介しますが、その詳しい地図は、今後UPしていきます。
[PR]

by cobalt_01 | 2011-04-25 03:59 | 街歩き | Comments(2)
Commented by 熊野胡自動車 at 2011-04-25 18:54 x
赤穂峠ですが、熊野町側からは行きやすいですね。登山道も比較的整備されています。ただ、これからの季節は草が生い茂ってくる上に、マムシなども出てきますから、ちょっと用心しないといけないですね。

赤穂峠の頂上に行くと、中国電力の送電線の鉄塔があるところまで至近距離です。そこに行くと、熊野町側および海田町側とも良く見渡せます。以前に行った時は、海田市駅がよく見えた記憶があります。

熊野町と海田町が非常に接近して見える場所でもあります。
Commented by cobalt_01 at 2011-05-02 01:42
熊野胡自動車さん>
そうですか。登山道、整備されているんですね。
ぜひ、踏破してみたいものです。
マムシなどは、注意しなくちゃいけませんが

なるほど、熊野町と海田町が非常に接近して見える場所なのですね。
普段生活していると、熊野町と海田町が繋がっているという感覚がありませんし。

むしろ、この峠に、トンネルを作ったら・・・なんて思ってしまいます。
赤穂峠、所要時間はどれくらいになるでしょう?
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ


<< 赤穂峠 その2 海田町側 赤穂...      念仏の森公園 >>