cbastyle.exblog.jp
安芸区スタイルブログ 安芸区+海田町・坂町・熊野町
2010年 11月 14日
大山祇神社 その1 狗賓松の跡
b0095061_1913133.jpg
海田町東海田字後原。大山祇神社に到着。道路から山道を徒歩5分程度登っていかなくてはいけない。さぁ、登りましょう。とても整備されている広い階段が続く
b0095061_19144962.jpg
1765年、火防の神である愛宕権現と大山祇神の2社が建立され、その後合祀されてこの地に鎮座。10月26日に例大祭が行われる。この夜、松明を灯して参拝し、日送り、火防の厄除の行事が行われていた。
さぁ、出発
b0095061_19172462.jpg
b0095061_1918105.jpg
本殿が見えてきた。階段の右にあるのが、狗賓松の跡。かつて、この参道沿いに天狗松が繁っていた。この松は枯れたため、いまでは、苔むした根元のみ残っている。

b0095061_19222735.jpg
昔。ここに赤天狗が住んでいて、いつも、この松の上から、下界を見下ろしていたと伝えられている。ちなみに、日浦山の赤羽川の上流にも、大きな岩があり、そこの大きな松が繁っていた。こちらが、青天狗(赤羽川の天狗松の天狗)青天狗についても、後日ご紹介します。
赤天狗と青天狗、2つの天狗が海田の街を守っていたのです。
[PR]

by cobalt_01 | 2010-11-14 01:10 | 歴史・寺院
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ


<< 大山祇神社 その2 拝殿とご神...      いぼ落としの石と栃木橋、東2丁... >>