cbastyle.exblog.jp
安芸区スタイルブログ 安芸区+海田町・坂町・熊野町
2010年 10月 26日
海田町三迫・稲葉道標をめぐる
b0095061_9184558.jpg
海田町三迫・稲葉。かつて中心的な商業エリアだったサングリーン。
b0095061_9202495.jpg
サングリーン裏側のエリアは、空き店舗が目立つ
b0095061_921479.jpg
昭和の看板が勢ぞろい
b0095061_923033.jpg
芸陽バス三迫終点。待合所が出来ている
b0095061_925352.jpg
三迫川
b0095061_9261064.jpg
稲葉道標。
b0095061_9275326.jpg
右は熊野へ向う赤穂峠、左は阿戸・吉川(東広島市八本松町吉川)へ向う古峠。昭和20年代くらいまでは使われていた峠。その分岐点
b0095061_9293462.jpg
東三迫橋を渡ると、サングリーンへ
b0095061_9301781.jpg
東三迫橋バス停。芸陽バスと海田町ふれあいバスが停車する
b0095061_9322652.jpg
海田三迫郵便局前
[PR]

by cobalt_01 | 2010-10-26 07:16 | 街歩き | Comments(12)
Commented by 安芸府太郎 at 2010-10-26 09:45 x
余計なお世話ですが、サングリーンは三迫ではなく、稲葉では?
昔はスマイルショップと言うスーパーがありましたよね。
スマイルショップは閉店して跡地はアパートになりましたが、付近の商店はまだ潰れずに頑張っていますね。
Commented by めぐママ at 2010-10-26 10:53 x
うわああ、ビックリ(≧◇≦)しました。
ど近所ですよ~。

またもや自分が写ってないか確認してしまいました(爆)
嫁に来て10年ですが、確かに来てすぐ頃には、
スマイルショップがありました。
閉店セールにも行きました・・・。
冷凍食品が破格でした・・・。

自分の住んでいる地域の記事ってなんとはなしに、
嬉しいものですね。
Commented by 熊野胡自動車 at 2010-10-26 20:25 x
赤穂峠は、かつては海田と熊野を結ぶ幹線道だったようですね。
峠を越えて熊野町に入ると、筆の里工房のところに出ることができます。熊野町側からは、比較的整備されていて、赤穂峠の頂上までは比較的スイスイと行くことができます。
(ちょうど、中国電力の送電線鉄塔があり、そこから海田方面を見ると海田市駅などがよく見えます)
また、峠の頂上にはちゃんとした案内板があり、熊野方面から行くと、直進は海田方面、左方向は金ヶ燈籠山方面、右方向は洞所山・新峠方面と書かれていたと思います。

現在は、県道矢野安浦線や広島熊野道路が整備され、ほとんど通行する人はいない状況ですが、かつては海田から熊野、更に呉市苗代、阿賀方面へ抜ける幹線道であったということを、熊野町郷土史に書かれていたと思います。

赤穂峠頂上からの写真のUPを期待しています。
Commented by 三迫のオギちゃん at 2010-10-27 12:23 x
三迫の地元民としては、ここでコメントを入れなければ…笑
僕が中区の舟入から三迫に越してきたのは1997年…もう越してきてから13年が経ちました。
皆さんが仰しゃられている通り、サングリーンなる店舗、僕が越してきた時には「スマイルショップ」の名前のスーパーで、新聞の折り込みチラシも頻繁に入ってましたわ。
ちなみに我が家は、写真にもある芸陽バスの三迫終点のすぐ下にあり、木下のタバコ屋さんの、三迫川を挟んで真向かいにある借家住まいですわ。
三迫に住んでると、串掛林道入口がすぐ近くなので、熊野や黒瀬方面に行くには非常に便利です…自宅から熊野までは15分くらいで行けますから。ただ、運転は慎重になりますけどね…。
Commented by cobalt_01 at 2010-10-29 07:49
安芸府太郎さん>
そうですね。稲葉となります。
どうも、あのあたりを、わたしは総称して三迫と呼んでしまう習性があって・・・
ところで、先日のお休みの日、三迫、東のエリアを、じっくり歩いてみました。古道や、数々の神社、遺構などなど、とてもとても興味深い発見をたくさんしました。

11月、このエリアを含めて、海田東地区を特集する予定です。
Commented by cobalt_01 at 2010-10-29 07:51
めぐママさん>
スマイルショップ、私は残念ながら、入ったことはないのですが、スーパーがあったなぁっていう記憶は残っています。
しっかり、このエリア(三迫・東など)、歩いてみましたので、11月、たくさん記事にする予定です!!
Commented by cobalt_01 at 2010-10-29 07:54
熊野胡自動車さん>
先日、赤穂峠の入り口から、少し歩いてみました。
さすがに、装備もなく、峠を越えることは出来ませんでしたが。
このエリアには、いくつかの古道があり、それぞれ、訪れてみて、いろんな発見がありました。
また、11月にまとめて記事にする予定です。

手元に、国土地理院の地形図があるのですが、きちんと古道が表記されていて、それを頼りにさがしてみましたよ。
Commented by cobalt_01 at 2010-10-29 08:24
三迫のオギちゃんさん>
木下のたばこ店、よーくわかります(笑)
あのあたりはどのかで、とくに秋の稲穂のシーズンは、すてきな光景をみせてくれますよね。

私は個人的に・・・中学生のころ、部活のトレーニングで、キャンプ場までマラソンさせられたときのコースだったので、このエリアは、しんどかったなぁ・・・という記憶がいまも残っています。

串掛林道、景色もよいですが、沿線には、名水や、神社、古墳など点在していて、なかなか面白い道路でもありますよね。

つい先月、車で熊野から海田まで降りてみましたが、たしかにクネクネが続いてて運転するのに、多少気をつかうところはあります。

さて、前のコメントにも書きましたが、
先日、三迫や東を歩いてみました。11月、丁寧に詳しく、記事で取り上げる予定です。本当にさまざまな発見に出会えて面白かったです。
Commented by 安芸府太郎 at 2010-10-29 17:46 x
稲葉は海田東小学校区か、海田南小学校区か、どっちかな?って思ったことがあります。
海田町の公式HPには海田東小学校区のようですが、僕が海田南小学校に通っていた時分、稲葉に住んでいた同級生もいたような・・・。
三迫1丁目から3丁目までと東1丁目・2丁目は海田南小学校区なのですが・・・。
稲葉は学区が曖昧なのでしょうか?
地図を見ると、海田総合公園の奥の方には華平寺とか言う寺院があるようですが、聞いたことないですね。
住職とかは常駐していないのでしょうか?
そう言う海田の秘境スポットの状況も知りたいですね。
ところで赤穂峠って車で通れるんですか?
Commented by cobalt_01 at 2010-11-04 07:08
安芸府太郎さん>
私は、稲葉って、海田東学区というイメージが強かったです。道祖園や山陽団地の峠を越えたら、海田東という感じでしょうか

でも、三迫や東でも、海田南校区なのですね・・・

はい、海田の秘境ポイント、しっかり取材しました。
取材数がかなり多いので、これから、時間かけて、ご紹介していきます。
お楽しみに。

ちなみに、赤穂峠は、車は無理です。本当の登山道ですから。
ただ、道標はきちんと残っているのですよ。
Commented by 安芸府太郎 at 2010-11-04 12:04 x
地元民は今でも、三迫と言うより、汁免、朝陽団地、西の谷、東の谷と言うのではないでしょうか。
今でも94歳になって府中の老人施設に入っている祖父は、汁免、西の谷、東の谷と言っていますね。
具体的には書けませんが、三迫2,3丁目や東1,2丁目には同じ姓の人達の家が多くありますよね。
小学校の時とか三迫・東地区から通学している同じ姓の同級生同士は従兄弟だったりとかなんだったりとかしていた様な気がします。
Commented by cobalt_01 at 2010-11-10 07:33
安芸府太郎さん>
地元の方は、昔の迫名を言われる・・・
確かにそうでしょうね。
そういう地名を、大切にされるのっていいことだと思います。
苗字にしても、地域によって特色ってありますよね!!

このエリアの記事、たくさんあるので、これからひとつひとつUPしていきます
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ


<< 矢野アンダーに冠水警告赤色灯増...      阿戸の初秋を歩く その3 阿戸... >>