cbastyle.exblog.jp
安芸区スタイルブログ 安芸区+海田町・坂町・熊野町
2010年 10月 14日
熊野町深原を歩く その1 上深原・深原入り口
b0095061_13242781.jpg
県道34号線・矢野安浦線から、北に入る道。それが深原地区への道。写真は深原入口
b0095061_1325949.jpg
現在、矢野安浦線の道路改良工事が行われている。熊野と黒瀬を結ぶ県道34号線の大峠の改良と、阿戸と熊野を結ぶ県道174号線と、県道34号線を結ぶ道路の改良工事。

b0095061_1338781.jpg
b0095061_1338275.jpg
b0095061_1340919.jpg
b0095061_13405112.jpg

b0095061_13422490.jpg



b0095061_1343462.jpg
b0095061_13434150.jpg


田畑が広がる、日本の原風景。しかし、新しい道路の建設工事も着々と進んでいる。
深原地区の南側が上深原、北側が下深原。深原川を中心に広がるエリア。
[PR]

by cobalt_01 | 2010-10-14 23:36 | 街歩き | Comments(2)
Commented by 熊野胡自動車 at 2010-10-15 19:46 x
熊野~黒瀬間を結ぶバイパス(トンネル)の工事が進んできていますね。現道は雪が降ると、必ず事故発生し通行に支障が出ていましたので、トンネルの完成が待ち遠しいものです。
完成すれば、熊野町を始め、呉市焼山や安芸区矢野地区から、東広島呉自動車道の黒瀬ICへのアクセス道として、効果を発揮すると思います。道路ができることで、雰囲気変わるでしょうね。

さて、現矢野安浦線の旧道が残っていますが、かなり道幅が狭く、とても幹線道路としては使えなかったものだと思います。
それでも、広電バスの黒瀬行きが旧道時代から運行していました。
(道路が狭いため補助員同乗で運行していたと思います。そういえば、補助員は芸陽バスでも三迫線や畑賀線でも同乗していましたね。最近はコスト削減と道路改良が進み、補助員が同乗する路線は少なくなりましたけど)
Commented by cobalt_01 at 2010-10-22 08:24
熊野胡自動車さん>
着々と、バイパス工事が進んでいますね。
そうそう、雪のときは、この峠はかなり危険で有名ですもの。交通量も多いですから、渋滞解消という意味よりも、安全に通行するためのバイパスといった感じでしょうか

なるほど、東広島呉自動車道のアクセス道という意味合いもあるのですね。このルートで、西条や広へ向うというアクセスが考えられる・・・

旧道、たしかに残っていますね
道が狭いから、補助員同乗・・・そういう光景も、最近はほとんど見かけなくなった気がします。道路改良が進んだ結果でもあるんでしょうけれど。

このバイパスが完成したら、熊野~黒瀬のバス路線の便数やルートなども、変わっていくのでしょうね
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ


<< 熊野町深原を歩く その2 下深...      矢野・尾崎神社 秋季例大祭 1... >>