cbastyle.exblog.jp
安芸区スタイルブログ 安芸区+海田町・坂町・熊野町
2010年 10月 01日
ファインズギガモール跡に、太陽家具が進出「ベイサイドフォート」に
b0095061_19383940.jpg
坂町で、1年前まで営業していた巨大インテリアモール「小田億ファインズギガモール」。東京ドーム2個分の売り場面積として、日本最大の海上インテリアモールという触れ込みで、人気を集めたものの、ニトリなどの進出もあり、家具の売り上げが落ち込み、閉店。閉店後の1年間は、この巨大な建物がそのまま放置されていましたが、このほど、山口を拠点に九州や中国地方、そして首都圏で、家具インテリア店を展開する「太陽家具百貨店」が進出し、新しい商業施設「ベイサイドフォート」をオープンすることとなりました。ファインズギガモール同様、家具・雑貨・ホームファッションの巨大店となる模様です。オープン日や店舗の詳細は、わかり次第、またお伝えします
(現在、店のスタッフ募集をされています)

(写真は、今年春に撮影した、旧ファインズギガモールの建物。現在の写真は、近々撮影して、写真を差し替えます)

太陽家具といえば、福山に「ライフステージTAIYO」という、大型店舗がありますね。県内には呉市本通にも、太陽家具の店舗があります

太陽家具
http://www.taiyo-furniture.com/
[PR]

by cobalt_01 | 2010-10-01 19:50 | 買う | Comments(4)
Commented by 安芸府太郎 at 2010-10-03 18:34 x
以前も投稿しましたが、ファインズギガモールだった頃、妹と甥と一緒にここの子供コーナーに行きました。
甥はまだ小さかったのですが、楽しんでいたようでした。
甥は現在4歳になり、私のことを名前ではなく、「ダーのおじちゃん」と呼んでいます。
理由は、甥の前で何度かアントニオ猪木の物まねの「元気ですか~!1、2、3、ダー!」を何度か演じたからですね。
当初は「ニーダーのおじちゃん」だったのですが、現在は「ダーのおじちゃん」です・・・。
Commented by cobalt_01 at 2010-10-04 08:56
安芸府太郎さん>
ファインズギガモール、思い出いろいろあるようですね
子供を遊ばせるという部分でも、ここはよい場所だった気がします。

「ダーのおじちゃん」ですか(笑)
ほんと、なついているんですね!!
Commented by 安芸府太郎 at 2010-10-04 23:03 x
でも甥はしっかり僕の名前も覚えてはいるんですけれどね・・・。

甥が1歳から2歳に掛けての海田に住んでいた頃、よくこのアントニオ猪木の「1、2、3、ダー!」とアニマル浜口の「気合だ!気合だ!気合だ!」をやったら喜んでいました。

それを今でも覚えているようです(今でもたまに甥の前でやります)。

因みに僕の祖父(甥から見れば曽祖父)のことは、甥は「コッコのじいちゃん」と呼んでいます。

2歳の誕生日に呉ポートピアパークで買った木製の鶏のおもちゃを曽祖父からプレゼントされたからですね(買ったのは妹ですが、お金の出所は曽祖父の財布からですが・・・)。

だから今でも「コッコのじいちゃん」と呼んでいます。

今この祖父は94歳、甥は4歳、90歳離れた曽祖父と曾孫同士の対談と言うのもかなり貴重なものですが、祖父はまだ頭がはっきりしているので、曾孫と言うことで、かわいがっています。

本編と無縁な話ばかりで失礼しました。
Commented by cobalt_01 at 2010-10-08 08:18
安芸府太郎さん>
うんうん。そうですか!
きちんと、名前も覚えている(笑)

とても元気な甥さんですね!!
「コッコのじいちゃん」っていう呼び方もかわいい。鶏のおもちゃから、こう呼ばれるなんて


90歳離れているからこそ、そうした繋がりや絆って、大きなもので。ずっとずっと、続いていくものなんだろうなぁって思います。
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ


<< 中野・矢口神社 秋季例大祭 前夜祭      10月4日、広電バス熊野線大幅... >>