cbastyle.exblog.jp
安芸区スタイルブログ 安芸区+海田町・坂町・熊野町
2010年 09月 26日
樫木茶屋に行く! その2 幸神社(さいのかみしゃ)と樫木の大樹を訪ねる
b0095061_2215464.jpg
樫木茶屋の道標から、古道の矢野方面を望む。左が幸神社跡。
b0095061_2273959.jpg
幸神社跡の案内板。社殿はすでに失われている。俗称賽(才)の神と云われ、幸神の鎮座する所。

b0095061_22185443.jpg
b0095061_22545393.jpg
b0095061_22555441.jpg
幸神社跡。通常は、「賽(才)ノ神社と言う。村の入り口や丑寅方位(東北)に鬼門除けとして設置。これを幸神と変えたと、「御社記」に書かれている。幸神と称し奉るは、幸いを受け賜る神とぞとかかれ、別の賽崎神森も、幸崎神森に、幸崎は、西崎と変わってきた。文化12年(1815)の絵図面では、小さな宮らしき神社が、描かれていて、道祖神の文字と、樫木茶屋の文字が書かれている。

b0095061_2211897.jpg
幸神社から、樫木茶屋の道標と、古道分岐点を望む

b0095061_2212369.jpg
幸神社から、樫木の茶屋跡を望む。茶屋跡は、木々が伸びている。面影は石垣でしかわからない

b0095061_2216331.jpg
幸神社にある樫の大樹。樫木茶屋の地名の由来である。

b0095061_22232060.jpg
幸神社から、現在の矢野峠(新県道)が、木々の間から見ることが出来る。忘れ去られた古道や神社も、意外と現在の道路の近くでひっそりとしていた

b0095061_22272070.jpg
樫の大樹(写真左)と古道。幸神社からさらに矢野方面に歩いてみる。

樫木茶屋跡と、いけす跡は、次の記事で
b0095061_23582275.jpg

[PR]

by cobalt_01 | 2010-09-26 21:55 | 歴史・寺院
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ


<< 樫木茶屋へ行く! その3 樫木...      樫木茶屋に行く! その1 樫木... >>