cbastyle.exblog.jp
安芸区スタイルブログ 安芸区+海田町・坂町・熊野町
2010年 09月 26日
樫木茶屋に行く! その1 樫木茶屋道標を発見、分岐した古道の先には
前回、近くまで到達したものの、断念した矢野峠古道・樫木茶屋。今回、刊行されている「目で見る矢野町史・寺社編」という本を参考に、詳細な樫木茶屋の地図などを調べて、準備した上で、再挑戦しました。前回までの樫木茶屋の記事を読まれた上で、この到達した記事を読みつづけてください。
b0095061_219064.jpg
前の記事で紹介した旧県道のカーブに、車庫がある。その右横から入っていく
b0095061_22575722.jpg
すぐに矢野川の堰が右手に。左手の竹林の崖を登っていく。竹を手でつかみながら登っていかないと、登れない
b0095061_21121946.jpg
b0095061_230154.jpg
樫木茶屋跡は、写真上の方に見える。この写真の距離の崖を登る。
b0095061_21132266.jpg
登りきると・・・樫木茶屋のあった石垣が見えてきた!
b0095061_2116093.jpg
写真右から歩き、古道に交差する。中央の木が樫の大木。写真の先に、道標がある。
b0095061_21175822.jpg
b0095061_23533694.jpg
やっと見つけた!!樫木茶屋(かたぎちゃや)の道標。高さ1メートルくらいある、大きな道標。
山陽道海田市から、分岐する黒瀬街道は、矢野峠に近い樫木茶屋で、さらに黒瀬と呉に向う2つの道にわかれる。その分岐点の道標。この地は賽の神とも言われる。

道標には、「右ハやき山(焼山)くれ(呉)せと(瀬戸=音戸)」「左ハくまの(熊野)阿と(熊野跡=阿戸)く路せ(黒瀬)」と記されている。
b0095061_21242144.jpg
中央の古道が、熊野・阿戸・黒瀬の方向。写真右の古道が、焼山・呉・音戸の方向の古道。2つに分岐する


b0095061_21263865.jpg
b0095061_2323464.jpg
道標の分岐点から左(熊野・阿戸)方面の古道を進んでみる。なだらかな上り坂。大きな岩が前方にある。

b0095061_2357526.jpg

b0095061_2128670.jpg

b0095061_2129590.jpg
途中、木々の間から、新県道と広島熊野道路が見える。写真下の高架橋が広島熊野道路の熊野トンネル入り口
b0095061_21312120.jpg
しかし、分岐点から歩いて2分地点で、倒木があり、その先は、古道が崩れがちで、斜めになっている。この地点で引き返すことにする。地図上では、この先は熊野トンネルによって分断されると想われる。



b0095061_21362793.jpg
道標まで引き返し、右側の焼山・呉・音戸方面の古道を進む。

b0095061_2355829.jpg
熊野方面の古道より、幅が狭く、歩きにくい
b0095061_21393272.jpg
眼下には、広島熊野道路の下にある、矢野川の大きな堰。滝のように水が流れる
b0095061_21412836.jpg
先に進むも・・・
b0095061_21423718.jpg
広島熊野道路の熊野トンネル入り口に近づいたが、道はあるけないくらいに。
b0095061_21435863.jpg
先を進むのは断念した。引き返すことに。

次の記事は、道標から、幸神社跡、そして樫木茶屋跡をめぐります。
では、地図をUPします
b0095061_2149034.jpg

[PR]

by cobalt_01 | 2010-09-26 21:54 | 歴史・寺院 | Comments(10)
Commented at 2010-09-27 12:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-09-27 13:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-09-28 05:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cobalt_01 at 2010-09-29 08:07
mmさん>
本当に、整備して、歴史を語り継ぐ場所として、みんなが訪れることができるようにすればいいのにと、強く思いました。
雑木がすごいので(とくに竹)なかなか古道を新県道から歩いていくのは大変ですが、今回の旧県道から、崖に階段をつけるなどしてほしいものです。
昭和30年代前半まで、生活道だったことを、今回すごく想わされて。ぜひ、次の世代へと、この道を残していって欲しいものです。

樫木茶屋が、いったいつまでここでされていたのか?幸神社は、いつ廃寺になったのか。資料には、記載されていなかったので、わからないまま。この点はぜひ、調べてみたいものです
Commented by cobalt_01 at 2010-09-29 08:09
ggさん>
前回の樫木茶屋の記事で、矢野県道への繋がりを示した地図をUPしています。通りにくい地点も、書いておけばよかったですね。

ぜひ、この道の木々を伐採して、だれでも訪れることが出来るようにしてもらいたいものです。PRすれば、歴史的な名所として、かならず注目されると思います。
Commented at 2010-09-29 14:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-09-30 04:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-09-30 04:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cobalt_01 at 2010-10-04 08:35
TT,N,ggさん>
いけすについては、目で見る矢野町史(寺院編)にて、「いけす」と書かれていました。
昭和30年頃まで、小屋があって、住人がいらっしゃったのですね。だから、石積みで比較的整備されていたのですね。当時の暮らしの痕跡が、残っているものです。

ほんと、きちんと木々や草を刈って、歴史の証人として整備していつでも訪れることができるようになればいいなぁって思います。

さて、この樫木茶屋の記事ですが、この2,3日のうちに、写真と動画を一部差し替えます。きちんと映っているものを探して、わかりやすくUPしたいと想っています。
Commented at 2010-10-04 11:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ


<< 樫木茶屋に行く! その2 幸神...      みなさんへお知らせ >>