cbastyle.exblog.jp
安芸区スタイルブログ 安芸区+海田町・坂町・熊野町
2010年 09月 19日
矢野の中浜商店街
b0095061_15111746.jpg
b0095061_15113315.jpg
中浜商店街。中浜通りのルーツは、市の瀬戸(本町)と河原ヅツミ(宮下川)の間を、浜に通じるハマノミ。極楽橋の下手は浜。海寄りを大浜。内陸部を中浜と呼んだ。
昭和末期まで、この通りは駅に通じるにぎやかな商店街でした。昭和40年代には、車の乗り入れを規制するほど。下の写真の右側、現在、マンションが建っている辺りは、マンションが建設される前には、ちょっとしたアーケードのように、通りに屋根がついていた。左側は、園芸店や文具店があった。「二ッ橋」との道標もも存在する。その昔、ここには橋が架かっていました。姫宮神社から矢野川から別れ、中浜通り、そして極楽橋の宮下川まで続く「楊枝川」が流れていた。昭和20年代後半、道路拡張のため道の下になってしまいました。(楊枝のように細く長い川だったことから由来)

b0095061_15184745.jpg
本町商店街との交差地点
b0095061_15193753.jpg
町内に唯一のこる銭湯「日の出湯」前。裏町通りとも呼ばれる通り。
b0095061_1521497.jpg
日吉田鮮魚店前。青いシートかかけられ、建設中の建物のあたりには、かつて、旧矢野郵便局の建物が3.4年くらい前まであった。郵便局は昭和50年に、現在地に移転したが、建物は残され、晩年はソーイング店として使われていた。
b0095061_15234523.jpg
立派な町屋の建物。新聞販売店として使われている。
b0095061_15255278.jpg
矢野福祉センター付近。矢野川から、かつての楊枝川が分かれていた地点へ
[PR]

by cobalt_01 | 2010-09-19 07:09 | 街歩き | Comments(0)
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ


<< 砂原通り~矢野の古き建築散歩      矢野町の本町商店街 >>