cbastyle.exblog.jp
安芸区スタイルブログ 安芸区+海田町・坂町・熊野町
2010年 09月 14日
矢野通りの峠を歩く その2
b0095061_920433.jpg
b0095061_9223339.jpg
b0095061_9234895.jpg
矢野通りの中腹にある、その名も「喫茶峠」という喫茶店。いまは営業されていないようだ
b0095061_9205745.jpg
喫茶峠のカーブを過ぎると、民家はなくなり、田畑が矢野通り沿いに広がる。


b0095061_9263614.jpg
b0095061_931246.jpg
鷹の巣。かつて、昭和37年、ここに広島電機大学が、大学キャンパス(大学、中学、女子高、自動車短大)を進出したいとの話があったのだが、矢野町は、財政的な問題(当時、矢野と熊野を結ぶ道路「矢野通り」の改修が命題だった)でことわった経緯があった。もし作られていたら、敷地面積2万5千坪。昭和40年に完成予定でした。電機大学は、その後、現在の瀬野に大学を進出した。もしそのまま大学を受け入れていたら、矢野通りのこのエリアの様相は大きく変わっていただろう。ちなみに、そのご鷹の巣は造成され、昭和50年代、鷹の巣団地として売り出されることとなっていたが、結局、団地になはらず、現在、廃棄物処理の置き場のような使われ方をしている。この鷹の巣を越えると、熊野町に
鷹の巣バス停前。右のコンクリート壁が、鷹の巣団地の遺構でもある。かつて、この壁に「鷹の巣団地」という看板が取り付けられていた。結局、分譲されることなく。

b0095061_9321612.jpg

[PR]

by cobalt_01 | 2010-09-14 23:44 | 街歩き
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ


<< 矢野通りの峠を歩く その3      矢野通りの峠を歩く その1 >>