cbastyle.exblog.jp
安芸区スタイルブログ 安芸区+海田町・坂町・熊野町
2010年 09月 14日
矢野通りの峠を歩く その1
b0095061_96780.jpg
矢野天神バス停前。ここから、矢野通りは、大きく蛇行する峠が続いていく
b0095061_9105029.jpg
森永工業前。ホンダカーズ矢野の看板が長らく設置されている
b0095061_9122214.jpg
矢野川とともに、県道34号線(矢野通り)は蛇行しながら登っていく
b0095061_9151869.jpg
日鉱工機前。かつては紡績所だった。
b0095061_9135440.jpg
天神上バス停前。
b0095061_9162767.jpg
斜度がきつくなる
b0095061_9175462.jpg

矢野東7丁目の最端部。ときわ産業前。
[PR]

by cobalt_01 | 2010-09-14 23:02 | 街歩き | Comments(6)
Commented by みい at 2010-09-15 13:25 x
最近の天神・神長の記事、本当に懐かしく拝見しました。
天神や神長の団地、どちらにも住んでいたのですが、
もう30年以上前の事で、変化に驚きつつも私の記憶に残る
町並みとの違いに少し寂しくも思っていました。
でも今日の天神のバス停の画像は、記憶のものと殆ど変わらず
涙が出そうでした。
電話ボックスも当時からあったと思います。
バス停の横には細い道があって、写真左手の団地(神長でしょうか?)に上っていけたと記憶しています。
このバス停や電話ボックス周辺には、幼い頃の思い出が
たくさん残っています。
本当に懐かしくて嬉しかったです。
ありがとうございました。
Commented by 安芸府太郎 at 2010-09-15 19:21 x
昨年他界した祖母を連れて、焼山にあるヤクルト緑化センターに車で行っていた時に、この辺を通るのですが、道端に生えている野草を見て、祖母は「採りに行きたい!」と言っていましたが、車ですので、急に停まることもできずに通り過ぎたことを思い出します。
僕は野草には疎いのですが、この辺はゼンマイとか、ワラビとか道端に自生していますよね。
祖母とは、春になるとここではありませんが、一緒に土筆を採りに行ったりしましたね。
懐かしいですね。
Commented by cobalt_01 at 2010-09-16 08:21
みぃさん>
天神・神長の様子、写真でお伝えしました。懐かしい想いを感じていただけてうれしいです。いろんな思い出があるのでしょう・・・ただ、矢野通りだけは、昔とそんなに変わらないまま。
いろいろ、時間の経過とともに、変化もあるのでしょうね。
次の記事では、天神バス停から、矢野通りを下っていってみます。また読んでいただけたらと思います
Commented by cobalt_01 at 2010-09-16 08:27
安芸府太郎さん>
そうですか。この矢野通り沿いは、意外と野草などもたくさん見うけられますし・・・なかなか車は止められないですが

安芸府太郎さんにとっては、この道もまた、思い出の道のひとつとなっているのですね!

来春、つくしが、また道沿いに自生していくのでしょう・・・
Commented by 安芸府太郎 at 2010-09-18 09:51 x
中学生当時、海田から呉まで31号線経由で自転車に乗っていったことが何度かあります。
帰りは同じ道は面白くないと焼山を経由して、熊野・矢野峠を一気に駆け下りるのです。
危なかったですが、気持ち良かったですよ。
30を越えた今、自転車で呉まで行って、焼山を経由して帰るなんて無理ですけれどね・・・。
あの頃は1リットルのパックのお茶を一気飲みしてましたから・・・。
1リットル一気って・・・。今はもう無理。
当時はお好み焼きもそばダブルじゃ物足りなくて、そばトリプルの野菜ダブルとか言うメニューを無理やり作ってもらって食べていました。
今はそばダブルで充分です。
Commented by cobalt_01 at 2010-09-21 07:53
安芸府太郎さん>
焼山経由だと、呉から二河峡の峠を越えるの大変でしたでしょ?
でも、辛かった分、熊野から矢野峠を下るときの爽快感は格別だったのではないでしょうか?
1リットルのお茶を一気に・・・それはすごい
でも、若いときって、それくらいの食欲なりあるのは普通だったのかもしれませんね
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ


<< 矢野通りの峠を歩く その2      大井手取水口 >>