cbastyle.exblog.jp
安芸区スタイルブログ 安芸区+海田町・坂町・熊野町
2010年 09月 13日
牛の首と、悲運の牛の首観音堂
b0095061_14381572.jpg
現在、矢野西緑地の中となっている、安芸南高校の裏側の小高い山。これは、牛の首という、かつての半島であり景勝地として有名だった。
東部流通団地の埋め立てが行われる前、ここは海岸線で、この小高い山(牛の首)が岬。
現在、その面影はまったく残っていない。
b0095061_14412654.jpg
b0095061_14415694.jpg
b0095061_1442242.jpg
昭和23年、政治家で矢野出身の木原七郎は、藩主浅野家ゆかりの馬頭観音像を勧請した。記念祝賀式典には、この岬に多くの住民が訪れ、有名な歌手も訪れたりした。
しかし、昭和59年に、埋め立てが決まり、平成元年に完工した。岬も埋め立てられて、ただの小高い山に。

b0095061_14482142.jpg
b0095061_14485331.jpg
その後も、牛の首観音堂は親しまれてきて、ここから眺める光景を楽しめたのだが・・・

平成11年に、この馬頭観音像が盗難にあう。そして
平成14年、岬ががけ崩れを起こたため、牛の首観音堂は、惜しまれながら廃寺となった。
現在、写真のように、草や木々で覆われ、かつての境内をしのばせることは難しい。上の写真のように、本堂も撤去され、なにも残っていない。階段途中からはフェンスがあり、登ることさえ出来ない有様

b0095061_14542739.jpg
観音堂へ向うための階段から。かつての岬の参道も、新しい家が建っていて、面影はない。左は安芸南高校。昔は波打ち際の海岸は海水浴の人でにぎわっていた。さんおう釣堀などもあったけれど、いまはなくなっている。
[PR]

by cobalt_01 | 2010-09-13 06:37 | 歴史・寺院
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ


<< 大井手取水口      狐原大師堂 >>