cbastyle.exblog.jp
安芸区スタイルブログ 安芸区+海田町・坂町・熊野町
2010年 05月 19日
砂原通りと出合橋
b0095061_10333152.jpg
b0095061_10341876.jpg
b0095061_10344215.jpg
矢野東5丁目と矢野西5丁目を南北に貫く矢野川と砂原通り。昭和41年に、現在の矢野通りが完成するまで、こちらが、熊野と矢野を結ぶ主要道であり、バスも走っていた。古い町並みとこの矢野川。その風情ある街並みはずっと残っている
b0095061_10363623.jpg
出合橋。この橋が架けられたのは、昭和40年ころのこと。それまでは、矢野橋までかなり遠回りしないといけなかった。出合橋の由来は、写真でもわかるように、矢野川と熊崎川がこの橋の下で合流(出合う)ことに由来するのだろう。和田酒店では、「矢野出合橋」という銘酒を販売している。
b0095061_10385351.jpg
左に曲がり、出合橋を渡ると、矢野通り・花上交差点へ。中央を進むと、矢野公民館や矢野小学校といった、かつての矢野の中心地であり歓楽街だったエリア。右に曲がると、かつての本町商店街と尾崎神社方面。昨年の大晦日、残念ながら火事で、写真中央にあった、貴重な木造の薬局が失われた。
b0095061_10425065.jpg
出合橋を、右に曲がる。かつての本町商店街。
b0095061_10442030.jpg
中央を進む。長慶寺前。その先には、矢野公民館。
[PR]

by cobalt_01 | 2010-05-19 07:50 | 街歩き | Comments(8)
Commented by 26年前の矢野町民 at 2010-05-21 06:01 x
この写真の場所に育てられたようなものなので「ぶち、懐かしい」(もう広島弁も忘れてる)、です。少年時代は活気があってよかったのですが、いまではすごく寂しい感じですね。だるまや薬局のことは、奥さんも含めて非常に残念です。
Commented by cobalt_01 at 2010-05-21 08:01
26年前の矢野町民さん>
昔の住宅地図をたまに開くときがあって、このあたりが、いかにたくさんの商店が軒を並べていたか、地図で読み取ることが出来ます。
魚屋さん、肉屋さん、駄菓子屋さん、喫茶店、スポーツ用品店、園芸店、ジーンズショップまで・・・いまではまったく想像が付かないくらい、たくさんのお店。当時の矢野へ、私も一度戻って、ゆっくり歩いてみたいと想うくらいです。

薬局さん、その古きよき矢野を物語る証人のような建物でしたね。
本当に残念です。
Commented by 安芸府太郎 at 2010-05-21 23:16 x
矢野は情緒があって良いですね~。
ところで矢野は全国で一番人口が多い飛び地なんだそうです。
言われてみればそうかもしれない・・・と思いますが普段は矢野が飛び地とはあんまり意識していないですよね。
Commented by 熊野胡自動車 at 2010-05-23 12:10 x
矢野川沿いの旧県道矢野安浦線は、いま見ると、よくこんな道路に広電バスが通っていたなと思うほど、狭隘道路ですね。
旧県道のころは、対向車との離合は困難ですし、場所によっては、ハンドルを切り替えさないと曲がれないカーブがあったり、離合の際に民家の屋根に、バスの車体がぶつかることもあったらしく、運転手泣かせだったようですね。
昭和40年代に入り、熊野町に現在の熊野団地が造成されることになり、交通量が増大することから、現県道の整備をしたようですね。
この旧県道を走る広電バスは、熊野方面のバスが走っていましたが、一部の便は、黒瀬町や阿戸(熊野跡)、呉市北部の苗代や郷原まで行く便もあって、今よりもバスの行き先がバリエーションが多かった時代です。
呉市北部の苗代や郷原へ行く便は、昭和50年代には消えて、黒瀬や阿戸へ行く便は、平成10年代に消えました。ただ、黒瀬や阿戸へは、今でも広電バス熊野営業所発着で残っていますし、苗代方面も、熊野営業所から呉市営バスで行くことはできますけどね。
Commented by cobalt_01 at 2010-05-26 08:10
安芸府太郎>地図学の本を読むと、日本一人口の多い飛び地ということで、安芸区矢野が紹介されていたりしますね。
人口3万人のいる飛び地・・・矢野が飛び地って、意外と意識しないかもしれないですね。いわれて見れば・・・という感覚で。
Commented by cobalt_01 at 2010-05-26 08:17
熊野胡自動車さん>
矢野町の文献を読んでいると、当時の旧道の様子が写真で乗っていて。あの狭い砂原通りを、ボンネットバスが走っていました。(矢野川と道路の間にガードレールすらなく)

いまより、バス路線の種類は多かったようですね。
まぁ、マイカーがまだ普及している時代でもなかったから、本当の意味で、このバス路線は、生活の足、生命線だったってことですね

矢野も、その当時は、この付近がもっとも栄えてたわけで。
バスが通っていたのもうなづけます。
Commented by wada at 2010-06-01 14:15 x
いつも、拝見させて頂いてます。毎日、見ている風景をみてコメントさせていただきました。また、遊びにきます。
Commented by cobalt_01 at 2010-06-02 07:55
wadaさん>
こちらこそ、いつも訪問ありがとうございます。
毎日見ている風景・・・私にとっても、こうして身近なところから、コメントいただけるのはうれしいですし、不思議な気持ちです。

矢野も、また時間が出来たら、じっくり記事を書いていきます。
ぜひ、また遊びにきてくださいね!!
コメントありがとうございます
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ


<< 山王橋 旧山王橋撤去工事もまも...      矢野大浜地区を歩く 浜大橋と住吉神社 >>