「ほっ」と。キャンペーン
cbastyle.exblog.jp
安芸区スタイルブログ 安芸区+海田町・坂町・熊野町
2010年 01月 27日
千葉家住宅と、宿場町の名残と海田市の一里塚
b0095061_904457.jpg
b0095061_91275.jpg
b0095061_911356.jpg
数寄屋造りの書院は、県の重要文化財であり、県の名勝に指定されている、千葉家住宅。街道を往来する諸大名も泊まった、江戸中期の建物。「天下送り役・宿送り役」を務めた。
b0095061_92185.jpg
b0095061_93187.jpg
200年以上前の住宅。面影を残している街道沿い。
b0095061_93267.jpg
海田市の一里塚跡。城下元安橋の高札場から2つめの一里塚。かつて、街道の両側に塚があり、松が植えられていた。
[PR]

by cobalt_01 | 2010-01-27 06:57 | 歴史・寺院 | Comments(2)
Commented by 熊のモンタ at 2010-02-03 23:14 x
へぇぇぇ
重要文化財とは知りませんでした!
高校時代、通学路だったので毎日通ってました。
うーん懐かしい・・・

高校卒業以来この辺通ること無かったので
久しぶりに当時のこと思い出しました。
ありがとうございました!
Commented by cobalt_01 at 2010-02-08 08:21
熊のモンタさん>
何年か前でしたか、この角地で車が、千葉家の白壁の塀に突っ込んで、大きく破損したという出来事がありました。それでも、きちんと修復されて、いまも大切に守られている。
海田市が、かつてにぎやかな宿場町だったことを後世に伝える、貴重な建物ですよね。

商店街の付近は、いろいろ変化もありますが、ここだけは変わらないで欲しいです
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ


<< 海田町稲荷町・中店の商店街ぶらり      海田町稲荷町の火の見やぐら、稲... >>