cbastyle.exblog.jp
安芸区スタイルブログ 安芸区+海田町・坂町・熊野町
2009年 08月 09日
JR小屋浦駅
b0095061_759458.jpg
1914年(大正3年)5月1日開業した、呉線小屋浦駅。安芸区・安芸郡エリアの最南端の駅。平屋の駅舎は、ホームより低い位置にある。
b0095061_803499.jpg
小屋浦駅構内。少々カーブしていることがわかる。写真の列車は、広島方面行き。
b0095061_815084.jpg
小屋浦駅周辺の光景。民家が密集して、駅前らしさはない。写真右の国道31号線から、直接駅へはいけないので、写真手前の小さな踏切を越えて、右折して、写真右側にある緑色の屋根の駅舎まですすまなくてはならない。車で行くにも一苦労する
b0095061_845834.jpg
駅舎の改札を抜けると、ホームは小高い場所に位置するため、ホームまで、スロープ・階段をすすまなくてはならない。ホームの斜面には、花がたくさん植えられていて、乗降客の目を楽しませている。こういうところからも、のんびりとした街の駅らしさが感じられるものです
b0095061_853866.jpg
駅前は、すぐ民家があり、大きな駐輪場はあるものの、駅前は細い路地なので、車が入るのもぎりぎり。駅前広場というものはない。
[PR]

by cobalt_01 | 2009-08-09 06:58 | 街歩き | Comments(2)
Commented by 船越の103系ファン at 2009-08-10 12:48 x
海田市駅にも北側は傾斜の上に駅があります。小屋裏駅と同じように傾斜崖に花でも植えてあったらいいと思います。(整備もされたからいいと思います)
Commented by cobalt_01 at 2009-08-12 07:35
船越の103系ファンさん>
海田市駅の北側も傾斜の上にありますね。最近の道路拡張工事で、駅前は整備されて、傾斜も、なだらかになりましたが。
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ


<< 小屋浦の路地裏散策 その1      旧山陽道・大山峠を歩く その2 >>