cbastyle.exblog.jp
安芸区スタイルブログ 安芸区+海田町・坂町・熊野町
2009年 08月 08日
旧山陽道・大山峠を歩く その2
b0095061_6315228.jpg
まず現れるのがこの道標らしきもの。旧山陽道代官おろし所
b0095061_6341699.jpg
瀬野馬子発祥の地の案内板。馬とともに、この唄を歌いながら、山陽道の難所である大山峠を、越えていったのだろう。
b0095061_639465.jpg

先にすすんでいきましょう
b0095061_6442972.jpg
途中で、このような看板が。旧大山峠も、すぐ傍でバイパス工事が行われている。
b0095061_6403027.jpg
b0095061_6483516.jpg
旧・山陽道の、安芸郡(現・広島市安芸区)と賀茂郡(現・東広島市八本松)との境を表す道標
b0095061_6415743.jpg
ますます高い木々に囲まれていく。ただ、道は整備されているので、八本松の市街地までたどり着くのに、そんなに困難ではないので、気軽に、古代の道がそのまま残されている、大山峠の散策が楽しめる。水戸黄門のような時代劇の撮影もすぐ出来そうですよね。明治17年の暫定国道が開通するまで、この大山峠は、時代を越えて使われてきた。



と、いうことで、東広島市域に入ったので、引き返すことにします
b0095061_647627.jpg
川の清流が、すぐ傍を流れる
b0095061_6495082.jpg
バイパスの橋げたが見えてきたら、瀬野側の大山峠入り口。
b0095061_7281677.jpg
詳細の地図。なお車で入り口まで行くことも可能ですが、転回するのは、ちと難しそうです。
[PR]

by cobalt_01 | 2009-08-08 06:39
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ


<< JR小屋浦駅      旧山陽道・大山峠を歩く その1 >>