cbastyle.exblog.jp
安芸区スタイルブログ 安芸区+海田町・坂町・熊野町
2009年 07月 10日
元祖 はら田家のたいやき
b0095061_16343451.jpg
先月、JR矢野駅近くにオープンしたたいやき屋さん。パリパリの薄皮が特徴。また、鯛の形にしないで、周りの皮もついた形なのも、特徴です。1匹110円。十勝小豆を使った餡のものは150円。
b0095061_16431339.jpg
矢野駅南口広場から、大井方面へ歩いてすぐ。
[PR]

by cobalt_01 | 2009-07-10 06:30 | 食べる | Comments(6)
Commented by 矢野小卒 at 2009-07-12 21:23 x
おいしそうな写真につられて,買いに行きました。
ちょっと小振りだけど,餡がたぁ~ぷり。
家に帰ってトースターで2分弱焼くと,パリパリになっておいしかったです。
Commented by cobalt_01 at 2009-07-13 07:54
矢野小卒さん>
ちょっと小ぶりだけれど、その分、餡がたくさん!
いままでのたいやきの概念からしたら、ちと外れているというか、あたらしいというか

私の、家でレンジとトースターで温めて、パリパリの皮にしていただきました。おいしかったです。

最近のたいやきブームの特徴として、鯛の形じゃなくて、鯛の形の周りの皮もそのままにして売られるたいやきも多いですよね。
Commented by 通りすがりの者 at 2009-07-21 17:00 x
鯛焼き=温かい のイメージで期待して行きました。
すると超冷めた鯛焼きにガックリ・・・
わざわざ自宅へ帰ってレンジでチンしなきゃ、美味しさを実感できないのってどうなんでしょうな??? 多分もう行きません。。。
Commented by cobalt_01 at 2009-07-22 07:29
通りすがりの者さん>
それは残念ですね。たいやきって、焼きたて・熱々が「命」だとおもいますけれどね。
Commented by やまを at 2009-08-08 02:22 x
ここって、今流行ってるから他業種が出店してるみたいだけど、
他店のマネだし、接客も良くないし(安佐南区の店舗ですが)
作ってだいぶ経ったのを出すので生温いし。
Commented by cobalt_01 at 2009-08-08 06:13
やまをさん>
そうですか。ここのところ、たいやきに参入する会社やお店が一気に増えています。それぞれ、いろんな特色もあるものですね。
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ


<< 中溝商店街・夏を歩く その1      海田町曙町のひまわり畑、早くも満開に >>