「ほっ」と。キャンペーン
cbastyle.exblog.jp
安芸区スタイルブログ 安芸区+海田町・坂町・熊野町
2009年 06月 04日
JR海田市駅探訪その1~南口広場
b0095061_9293780.jpg
JR海田市駅の橋上駅舎・自由通路から、ひまわり大橋・大正町方面を望む。海田の一番の中心地。ビルや商業施設が瀬野川を挟んで向い側に立ち並ぶ。写真左の倉庫があるエリアは、今後の海田町役場移転候補地にあがっている3つの場所の一つとなっている。バスターミナルには、芸陽バスや広電バスの発着に加え、海田町が運営している海田町循環バスも発着する。先代駅舎の時代は、この南口広場は、JRの旧・海田市保線支区だった。線路が引き込まれていた。また、それよりずーっと前、海田の陸上自衛隊まで物資を運ぶ線路がこの先自衛隊まで延びていた。ここから、ひまわり大橋の部分に鉄道の橋があり、そのまま海田西小学校のある場所を突っ切って、自衛隊へ。現在も、南つくも町の尾崎川に斜めにかかる橋が、当時の鉄道橋をそのまま利用している。
b0095061_9411587.jpg
ひまわり大橋付近
b0095061_9302227.jpg
自転車駐輪場
b0095061_9305382.jpg
自由通路から、階段。広島・船越方面。前方には、海田シティホテルが見える。安芸区役所や安芸区文化センターへは、ここを歩いて、徒歩7分で到着する。海田町の駅ではあるが、安芸区中心部の主要駅でもある。
b0095061_9312936.jpg
バリアフリー工事も着々と進められた。南口広場にも、エレベーターが設置されている
b0095061_9344714.jpg

b0095061_9365629.jpg
自由通路から、階段。海田東方面。線路は、右に呉線、左に山陽本線と分岐していく。右側が、町役場建設候補地。現在の海田町役場へも、ここを降りて、徒歩7分程度で到着する。安芸区役所と海田町役場がかなり近い場所にあり、その中間点に海田市駅がある。
b0095061_939172.jpg
南口広場から、自由通路を望む。駅前は、再開発計画があるため、大きな建物は少ない。前方に見えるビルは、病院や塾が入る。
b0095061_10253162.jpg
海田市駅の詳細図
[PR]

by cobalt_01 | 2009-06-04 06:28 | 公共施設 | Comments(0)
☆よかったら、1日1回クリックして投票ください
広島ブログ


<< JR海田市駅探訪その2~橋上駅...      矢野路地裏散歩その3 本町・中... >>